TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

うつ・HSP(敏感な人)など

「不安神経症・パニック障害が昨日より」本の感想とその可能性について。

「不安神経症・パニック障害が昨日より少し良くなる本」という実際に読み、その内容がどうだったかなどについての感想を書きました。下記の記事の続きになっているので、まだ読んでいない方はこちらから読んでみてください。 ↓↓↓ kennkoudokusyo.hatenablog.…

「不安神経症・パニック障害が昨日より少し良くなる本」内容レビュー

不安神経症に10年悩まされ、あらゆる治療法・カウンセリングを試した著者が最終的にどうやってその症状から抜け出したかについての本だとのこと。実際に読んでみた感想をまとめていこうと思います。 不安神経症・パニック障害が昨日より少し良くなる本 poste…

「うつは体から治せる!」感想・内容まとめました。

うつは体から治せる! うつについての本だと、最近「うつ抜け」という本を読みましたが、この「うつは体から治せる!」という本もかなり面白い内容の本だと感じました。うつの本ではありますが、自律神経の話がある程度の重要度を占めているので、疲れリセッ…

「敏感にもほどがある」読んでみた感想

僕自身は敏感なのかどうかは分かりません。が、最近こういう本が多いなぁと思って読んでみました。 個人的になんですが「あたし、他の人の気持ちに敏感なんです」なんていう人は敏感じゃないなと思います笑 なんというかもう、むかつきますよね。本当に敏感…

「敏感すぎて生きづらい人が明日から楽にラクになれる本」感想まとめ

「敏感すぎて生きづらい人が明日から楽にラクになれる本」読みました。 「敏感にもほどがある」も読みましたが、こちらの本も読んでみようかと思います。僕自身はそれほど敏感というわけではないですが笑 表紙のイラストが可愛らしい 表紙のイラストが可愛ら…

うつヌケ、読んでみました!(感想レビュー)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たちはこんな本でした。 うつを経験し、その現状を実際に打破したサラリーマン兼漫画家の田中圭一さんが、実際にそのうつ体験とどのように打破したのかを「漫画で」描いた本。 うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち posted w…