健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

「ドラキュラ女子のための貧血ケア手帳」感想レビュー。

「ドラキュラ女子のための貧血ケア手帳」を読んでみた感想を書いておこうと思います。著者は濱木珠恵さん。 ドラキュラ女子のための貧血~を読んだきっかけ 僕はもともとドラキュラでもありませんし、女子でもありません(笑)知り合いといえば彼女が貧血気…

「肺炎で喉を鍛える」本の感想レビュー

「肺炎がいやならのどを鍛えなさい」という西山耕一郎さんという方が書かれた本を読んだので内容をざっくりとまとめてみます。 肺炎で亡くなる人が案外多い 日本人がかかる病気、命を落としてしまう病気といえば生活習慣病やがんなどが多いイメージですが、…

「薬に頼らず血圧を下げる方法」読みました!感想レビューはこちら。

著者は薬剤師の加藤雅俊さん。「薬の専門家」としての見地から慢性的な高血圧に対し「薬に頼るな!」とおっしゃっています。 また高血圧を防止する方法として「減塩は役に立たない」とも。これには「え!」となりました。減塩は多くの調味料などでも実際に売…

腎臓をもみなさいの本、読みました!また揉むの・・・・・・

「疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい」という本を読んだので感想をば、書いておこうと思います。とその前に、ちょっといちゃもんをつけるみたいになってしまうのですが。。。。。。 「〇〇をもみなさい」の本、多くない? 多くないですか?僕の気のせいです…

うつヌケ、読んでみました!(感想レビュー)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たちはこんな本でした。 うつを経験し、その現状を実際に打破したサラリーマン兼漫画家の田中圭一さんが、実際にそのうつ体験とどのように打破したのかを「漫画で」描いた本。 「うつヌケ」漫画形式で読みやすい うつに関す…

「靴底の外側が減らなくなると体の不調も消える」読んでみたので感想をレビュー。

靴底の外側が不調に関係するという本。著者は新保安秀さん。足に特化した専門家さんのようです。 実際に読んでみたので気になるポイントをピックアップしていこうと思います。 靴底の偏ったすり減りは・・・・・・足首のゆがみの証拠 あなたの靴底はどんな感…

「もやもやがスーッと消える528HzCDブック」読んでみた

528…??気になったので手に取ってみました。 表紙の帯にmegumiさんが載っていて「久しぶりに見た。。。」と思いました。なんかの舞台に出ていたチラシを見て以来な気がします。 528Hzとは? 詳しいことは本文に譲るとして何やら特別な周波数らしいです。…

「ツボトントン」読んでみた感想

名前と表紙のイラストがかわいい!というのが第一印象(笑) 実際に読んでみた感想を書いておこうと思います。 ツボとんとん、思ったのと違った。 ツボトントンというタイトルもだし帯の感じからもなんとなく「この不調にはこのツボ!〇〇から指〇本分のとこ…

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」を読んだ感想

神尾哲男さんというシェフが書いた本を読んだので感想というか、どんな本だったかをざっくりまとめてみます。 がんで余命ゼロと言われたシェフの本 著者の神尾さんは末期がんを宣告され、自分がシェフであることの意地もあり食事でがんにあらがってみようじ…

「やってはいけない眠り方」を読んでみた感想レビューです。

眠り方について気にならない人は少ないと思います。眠り方というとちょっと回りくどいですが、「睡眠」というか「なんかうまく寝られん。。。」とか「もうちょっとはよ寝られんじゃろか。。。」など、一度は考えたことがあるはず。(一度も悩んだことがない…

『50歳から若返るための1分間「腸」健康法』を読んでみた。

最近「腸活」というワードもあるぐらい腸からの健康法がはやっているということで実際に読んでみました。気になる点をピックアップしてまとめていきます。 「はじめに」では特に気になる点なし。 「はじめに」では腸の働きや腸がいかにして健康にかかわって…