健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

「ドラキュラ女子のための貧血ケア手帳」感想レビュー。

 「ドラキュラ女子のための貧血ケア手帳」を読んでみた感想を書いておこうと思います。著者は濱木珠恵さん。

ドラキュラ女子のための貧血~を読んだきっかけ

僕はもともとドラキュラでもありませんし、女子でもありません(笑)知り合いといえば彼女が貧血気味かな??というタイプで、プルーン味?らしき鉄分補給用のジュースをよく飲んでいた印象があるくらい。
 
今回この本を読んでみようと思ったきっかけは、貧血女子をドラキュラと表現するユニークさに惹かれたから。あとは表紙の感じから読みやすそうだと思ったのと、貧血に関する知識は性別にかかわらず役立つかなと思い読んでみました。
 
関係ないけど著者の方の名前、読みにくいですね。はまきたまえさん?であってるのかな。貧血外来のお医者さんだそうです。

ドラキュラ女子の見分け方

序盤には貧血かどうかを判断するチェック表が載っていました。
  • 疲れやすい
  • 階段での息切れがあるかどうか
  • 爪の状態がわるい
  • 顔色がわるい
  • ドリンクの氷を食べてしまう
  • 生理の出血量が多い胃を切除したことがある
  • 肉をあまり食べない
などがチェック項目としてあげられていました。あてはまる方は要注意。
疲れやすいや顔色についてはなかなか自分では判断しにくいかもしれませんが、「ドリンクの氷をついつい食べてしまう」などは日常生活で判断しやすいポイントの気がしました。

読み進めて気になった点

細かい点ではありますがこんなことが気になりました。
それは、、、「解説ページの文字が結構小さいかも。。」ということ。
 
イラストにスペースを取られてしまったためか、解説部分の文字がやたらに小さい。なかなかこのサイズの本ではお目に書かれない文字サイズで、「なんだこれは(笑)」と強く引っかかりました。
 
僕自身は普段本を読みなれているため、自分用に読むとなるとそこまで気にならないとは思いますが、小さい文字が苦手な人(眠くなるなど)はあまりこの本が向いていないかもしれません。解説文なので専門的な(真面目な)鉄分の話などもあり、ちょっと「うっ」とくるというか文字に対し圧迫感を抱く可能性があります。
 
ただイラストが多く掲載されていたり、漫画形式もあったりと、そういった点では読みやすさがあるなとも思いました。全体的なデザインが可愛らしく、こういったテイストが好きな方は見ているだけでも楽しいと思います◎

「ドラキュラ女子のための貧血ケア手帳」の内容まとめ

全体的にこの本がどんな内容の本なのかというのを簡単にまとめておこうと思います。
本編の内容と特徴
貧血の症状として起こることに対し、「どうしてこういうことが起こるのかなどのメカニズムが詳細に書いてある本です。
 
症状ごとにページが分かれているので、何かあった時に症状から目次をたどるといった使い方もできそう。貧血気味な自覚があり、体の不調を訴えがちな女子は一冊手元にあると安心な貧血のお助け辞書的な本といえます。
その他、充実したコラムについて
おすすめのフルーツ、鉄剤を飲む際に何で飲むか(水・お茶・紅茶etc)、漢方薬って効果あるの??など細かい豆知識も充実。
 
美髪、美肌に関する内容にもページが割かれており、女性ならではの知っておきたい情報が充実しています。
 
全体を通して、表紙や中にかかれているイラストのイメージに対し、貧血に関連する知識・対処法などの内容がしっかり解説されていて情報量が多いという印象を受けました。