健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

高血圧はタオルを握って治す!読んでみた感想

 

高血圧がスーッと落ち着くタオルグリップ法という本を読んでみたので感想を書きます。

紹介されていたタオルグリップ法のやり方は非常に簡単でした。

オルグリップ法のやり方

  1. ぐるぐるに巻いたタオルを用意する
  2. 自分が出せる本気の力の30パーセント程度の力でタオルを握る。(2分)
  3. 握るのをやめ、手を休める(1分)

 

オルグリップ法回数の目安→左右2回ずつ、週に3回でオッケー。

 

軽い力で数分間握っては休める、というただそれだけ。

しかも右手と左手、それぞれ2回ずつでいい。

さらに週に3回。ものすごく楽ですね。

オルグリップ法の効果は??

効果については85パーセントの人に効果があったと。詳しい数値は本書に譲りますが、血圧がこれくらい下がりました、といった表記もありました。

オルグリップ法のやり方

血圧が下がるメカニズムとしてはタオルを握って、離した際に血管中に一酸化炭素が発生するためだとか。この一酸化炭素が筋肉を緩め血圧を下げるそうです。

 

しかしここで一つ疑問が発生します。

 

タオルをグリップの効果は一時的なものじゃないのか。

 

確かに握って離したら筋肉が緩み血圧が下がるかもしれません。しかしそれは一時的なものなんじゃないの??と思いました。

 

しかし読み進めてみると持続的な効果として血管が柔らかくなる」ということがあげられるようです。

 

この血管が柔らかくなることこそタオルグリップ法の効果であり、このことにより持続的な高血圧抑制につながります。

オルグリップ法さえあれば高血圧は大丈夫!ではない。

しかし、本書で進められているタオルグリップ法は単体で用いて、高血圧と向き合うものではないそうです。

 

例えば降圧剤を服用している人でも効果があるし、その他高血圧を改善するために行っている習慣がある人でも、併用するとより効果が高まりますよというもの。

 

つまり「タオルだけ握っとけばオッケー!」というわけではないみたいです。

 

あくまで数ある高血圧対策の一つ、ということになります。しかし薬を飲んだり、外に出て運動したりというよりは簡単でコストもかかりません。血圧が気になる人は是非生活に取り入れると良いと思います。

高血圧がスーっと落ち着くタオルグリップ法に書いてあったこと

オルグリップの方法自体は見開き一ページで終わるものでした。これじゃものすごく薄い本になってしまいます。他にはこんなことが書かれていました。

 

  • 血管の状態を良くするために役立つ食べ物
  • 高血圧を防ぐための食事の順番
  • 味噌汁で血圧を抑える方法
  • 血圧の自己管理方法
  • 最適な入浴方法

 

などなど。血圧が気になる人には役立つ情報が多く含まれていました◎

高血圧を予防する知識がきちんと備わっており、生活にそれが取り入れられている人には改めてこの本を買う必要はないかもしれません。タオルグリップ法のみが気になる場合は、本屋でちらっと見てみるだけで事足りると思います。

 

総合的には高血圧を家庭のちょっとした行いで予防・改善するのに、役立ちそうな本でした。