TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

「すごいストレッチ」口コミ。ずぼらヨガとも比較!コスパがいいのは??

表紙が気になり、読んでみることに。

 
職場・家・学校などで日常的に取り入れられるストレッチのようです。
 
最近では「ずぼらヨガ」もかなりいいなと思いましたが、この「すごいストレッチ」も面白そう(*^_^*)

 
 
著者は崎田ミナさん。ん? 

ずぼらヨガと著者が一緒だった

あーーー!
 
ずぼらヨガとすごいストレッチ、作者が同じでした。
 
この方すごいですね。どちらも新しい本ですし、表紙のイラストが違う感じで気付きませんでした、、ということは内容はあまり変わらないのかも。
 
興味がある人はどちらか一冊で事足りるかもしれません。
 
内容は全然違いました。
 
全然、というほどでもないかもしれませんがずぼらヨガが「ヨガ」なのに対し、こちらは「ストレッチ」。
 
似ている内容ではありますが、方向性が違うというかなんというか。
 

どっちがいいんだろう?

 
となると気になるのはずぼらヨガとすごいストレッチ、「どっちがいいか」ですよね。
 
というわけで両者を比較してみます。
 

「すごいストレッチvsずぼらヨガ」

 さぁぁ!!!始まりました!!(謎のハイテンション)
 
崎田ミナ先生のベストセラー作、すごいストレッチ&ずぼらヨガ!!あなたが本当に読みたいのはどっち!!(笑)
 
というわけで一つ一つ比較していこうと思います。
 

内容

まずは内容について。

 

前者、ずぼらヨガの内容はこちら!!

 

ずぼらヨガは「なんとなくだるい。。。」を解消する本!

 

ずぼらヨガの内容は「自律神経を整えること」にあります。

 

そしてその先にあるのは。。。

 

  • なんとなくだるい。。。
  • 体の疲れがとれない。。
  • 少しのことでイライラor落ち込んでしまう

 

これらを「ずぼら」さんでも続けられる、「簡単なヨガ」で吹き飛ばしちゃうこと!

 

では以下で「ずぼらヨガ」のキーワード、「自律神経」について簡単に説明しますね。

 

自律神経とは??

ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、簡単に。

 

ものすごくざっくりと説明致しますので、詳しくは専門の本を確認してください!(笑)

 

自律神経とは「体の状態をつかさどる」神経のこと。

 

ストレスリラックスのバランスをとっている。

 

とイメージするとわかりやすいですね。

 

体を休めたり。。。あるいは心身を「活動モード」にしてくれたり。

 

このバランスを取っているのが、「自律神経」です。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2種類に分かれています。

 

交感神経→興奮

副交感神経→リラックス

 

ですね。

 

で、問題は「このバランスが崩れる」こと。

 

夜更かし、過度のストレス、栄養の偏りなどなど。。。

 

ようするに「不健康な生活」をすると、「自律神経」は乱れ、体の全身に異常をきたしてしまいます。

 

自律神経が乱れるとどうなる??

 

自律神経は全身の状態をつかさどっているので、その症状は様々。

 

精神的なダメージとして「うつ病」「パニック障害」「イライラや不安が止まらない」など。

 

あるいは「手が震える」、「頭痛・肩こり」というからだの症状。

 

またはそういった分かりやすい症状でなくとも「なんとなく体がだるいなぁ。。。」気持ち的に疲れてるなぁ。。」というような全身ののだるさや疲労感にもつながっています。

 

そして、完全に自律神経のバランスが崩れてしまった症状を「自律神経失調症」と呼びます。

 

その症状は上記のように様々。

 

「自律神経失調症」の主な原因は

 

  • ホルモンバランスの乱れ(女性の更年期など)
  • 遺伝性のもの

や、

 

  • 日常のストレスの積み重ね
  • 強い精神的ショック

 

などなど。

ずぼらヨガは著者の体験から生まれた。

 

著者・崎田さん自身もこの「自律神経失調症」に悩まされた一人。

 

ずぼらヨガの冒頭では「3年間ヨガを続けることにより、その状態を脱した」という内容の漫画が描かれています。

 

その体験を元にした本がこの「ずぼらヨガ」というわけです。

 

というわけでずぼらヨガがおすすめの人は

 

  • 「日常的にストレスを感じている」
  • 「不眠・不摂生な食事など、生活状態があまりよろしくない」
  • 「イライラや落ち込みなど気持ちに強い波がある」
  • 「自律神経失調症である」

このあたりの人ですね。

 

では肝心の、すごいストレッチは??

 

すごいストレッチの内容

 

すごいストレッチの内容はシンプル!

 

「凝ったカラダをほぐそう!!」です。

 

特に「椅子に座っている」時間の長い現代人。

 

腰、背中、肩などは凝っていない方が少数派ではないでしょうか。

 

この本はとにかく「簡単に凝った部分をほぐせる!」というのが売りの一冊。

 

こう見比べると「ずぼらヨガ」と「すごいストレッチ」の二つは「似ているようで根本の部分が違う」ということが分かりますね。

 

では以下で、ちょっとしたことを比べてみます。

 

発売日は?

ずぼらヨガの発売日は2017年1月10日!

すごいストレッチの発売日は2017年3月14日(ホワイトデー笑)!

 

こう見るとすごい短いスパンで発売されていますね。

崎田さん、大変だったのでは。。。

 

Amazonでの評価は??

本を購入する際に地味に気になる「Amazonレビュー。」

 

どちらも☆4.5とかなりの高評価。

 

ただしレビュー数はかなり違います。

 

すごいストレッチ、62

ずぼらヨガ、114

 

発売日に2か月差があると言えど、ずぼらヨガはすごいストレッチの約2倍。

 

それだけ多くの方が読まれ、高評価をつけているということが分かります。

 

値段

 

値段!結構重要ですよね(笑)

 

現代はどこへ行ってもコスパコスパの時代です。

 

といってもどちらもソフトカバーの単行本なのでさほど変わりません。

 

すごいストレッチ・・・1200円

ずぼらヨガ・・・1296円

 

すごいストレッチの勝ち!!

 

と言いたいところですが。。。

 

実は、Amazonの電子書籍版だと「圧倒的にずぼらヨガ」の勝利になってしまいます汗

 

というのも

 

すごいストレッチ→1166円(電子書籍版)

ずぼらヨガ→0円

 

だからです汗

 

ただしずぼらヨガもそのまま「0円」で読めるわけではありません。

 

Amazonの電子書籍読み放題サービス

ご存知の方も多いかとは思いますが、Amazonには「kindle読み放題サービス」があります。

 

一カ月980円払うと、「Amazonの電子書籍が読み放題だよ~」というもの。

 

もちろん、すべての電子書籍が読めるわけではありません。

 

しかしさすがAmazon、読み放題の種類は豊富。

 

そして「ずぼらヨガ」もこのkindle読み放題の中に入っています!


f:id:kennkoudokusyo:20180217100426p:plain

 

f:id:kennkoudokusyo:20180217100339p:plain

↑この部分ですね。
 
初月は一カ月無料で試せますので(実際に一カ月たつ前に解約すると、課金されません。試し済み(笑))、実質無料で読めます ^^
 
残念ながら「すごいストレッチ」は読み放題ではないのですが。。。
 
ずぼらヨガが気になった方はこちらで一冊、まるまる読むとよいでしょう。
 

Amazonkindle読み放題はこちら。

 

 

kennkoudokusyo.hatenablog.com

 

 

以下、「すごいストレッチ」を読んだ際、気になった内容を残しておきます。

 
 

個人的に役立ちそうだと感じたストレッチ。

 
個人的に役立ちそうだと感じたのは、尻がこったときにするストレッチ。
 
座っているとどうしても尻や下半身が冷え、むくんでしまう気がするので、これは使えそうだと思いました。
 
あとは首・肩周りのストレッチ。
 
これなんかは本当にうーんと両腕を伸ばす動作のバリエーションみたいな感じで、すぐに出来そうなのが(人前でやっても恥ずかしくない)いいなと思いました。
 
一通り気になるのだけ覚えておいて日常の中で使っていくと良さそうです◎