健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

筋膜リリース本、比較してみた。(感想・評価まとめ)

筋膜リリースに関する本が今、何冊も売り出されています。これからもう少し増えるのではと個人的に予測。
 
実際にそれぞれの本の特徴、それから個人的にはどの本が役に立つか・参考になりそうか・コスパがいいのかなどをまとめていこうと思います。
 
実際にそれぞれの本を見て比較した一個人(もちろん、筋膜リリースのプロなどではない)の感想ですので、参考までに。
 
今回見た本はこれ
  • 自分でできる!筋膜リリース
  • ながら筋膜リリース
  • 筋膜リリースダイエット

 

自分でできる!筋膜リリースの特徴

 
著者は竹井仁さん。筋膜リリースの大切さを1995年ごろから説いてきた経験・知識共に信頼の置けるスーパードクターです。
 
筋膜の解説がすごい
 
筋膜リリース本はどの本もまず、「筋膜とは?」「筋膜リリースとは?」という解説に割かれたページがあります。「自分でできる!筋膜リリース」はそその解説が非常に細かい部分にまで及んでいます
 
細胞の図などがかかれている様子はまるで理科の教科書。
 
その詳しい説明は本書に譲りますが、浅筋膜・筋外膜・筋周膜〜など筋膜の名称・分類、それぞれの位置関係、筋膜に問題が起きたらどうなるのかなど、非常に根本的なところから解説されており「筋膜リリース」ということの重要性が理論的に納得できます。
 
実際の筋膜リリースのページでは。
 
筋膜リリースのぺーじでは、実際のモデルの方が筋膜リリースの動きをしている写真と共に解説文が書かれています。
 
ぱっと見は筋肉自体を伸ばすようなストレッチとなんら変わらないようにも見えますが、一つ一つみると「膜・表面を伸ばすような動きがずらり。
 
悪い例なども書かれており、序盤の解説ページとは対照的に非常に平易な解説文です。
 
主に期待できる効果
 
紹介されている筋膜リリースは全身のものから個別の悩みに対応するものなど、多くの人を対象としている内容とわかります。
 
肩・首はもちろんのこと、顔に関する筋膜リリースやお尻周り、猫背、バストアップなどが期待できる筋膜リリースなどなど。男女・年齢問わず、体の歪みが気になる多くの方に役立ちそうです。
 

ながら筋膜リリース

 

ながら筋膜リリースはその名の通り「ながら」でできる筋膜リリースを集めた本です。早速内容を確認していきます。
 
筋膜に関する解説、筋膜リリースの重要性に関する解説は非常にシンプル。先ほどの自分でできる!筋膜リリースのように理論的なところはまるでありません。詳しい解説などが必要ないという方はこちらで十分でしょう。
 
実際の筋膜リリースのページを見てみると、これまた先ほどの本とは大きく違います。
 
日常のシーンを意識した筋膜リリース
 
それぞれのぺーじではほとんどすべての筋膜リリースが日常のシーンと掛け合わせたものになっています。
 
幾つか具体例を挙げてみます。
 
  • 調理料を取りながら肩の筋膜リリース
  • 掃除機をかけながらお尻の筋膜リリース
  • 靴を履きながら背中の筋膜リリース
  • 電車に座った際に肩・肋骨等の筋膜リリース
 
などなど。
 
日常でできる、という点では確かに取り入れやすそうではありますが、、
 
ポイントは人前でできるかどうか
 
さして恥ずかしいポーズではありません。どれも、例えば疲れた際にぐーっと両腕を挙げる伸びのポーズ。そういったポーズの延長線上にあるような動作だから。
 
しかしこれを意識してやるとなると意外に恥じらいが生まれてくる気が。(個人的にですが)
 
日常にどれだけさりげなく取り入れられるか、、周りの目を気にせずできるか、、そこが最大の勝負どころだと感じました。
 
(まぁ一人でいるときにやる分には大丈夫なんですけどね(笑))
個人的には「難しい」
 
個人的に筋膜リリースを生活に取り入れるなら、家で1人落ち着いてやりたいかなと思ったので、ながら筋膜リリースの内容にはあまり惹かれませんでした
 
以前、あの水トアナウンサーが電車の中でちょっとした爪先立ちなど運動をしているというのをテレビで見たのを思い出した。忙しくて、わざわざ筋膜リリースの時間をとってまではできない・普通の生活・待ち時間の間に済ませてしまいたい、という方には役立つと思います。
 

筋膜リリースダイエット 

筋膜リリースは基本的にはダイエット効果はない、と別の本で目にしました。しかし副次的・間接的な効果としてはあります。
 
筋膜リリースがダイエットに役立つ点としては、むくみをとることができる」「歪んだ体で特定の部位に贅肉がつく、ということを防ぐことができる」「代謝を上げ、痩せやすい体を作ることができる」というもの。
 
本質的なカロリー消費よりも、体の歪みを直すというところから始める「きれいに見える」体作り、ということですね。
 
内臓がぽっこり出ている方などにはいいかも。
 
効果のひとつとして「内臓がぽっこり出ていて、下っ腹が膨らんでいる」というのを治すことができるとかかれていました。
 
男性のメタボリックではなく、女性のインナーマッスル不足により脂肪はあまりついていないのに、ぽっこりお腹、ということがあると思います。それに対して、筋膜リリースが効果を発揮する、ということですね。
 
個人的に脂肪を燃焼させたい方は別の本へ。
 
脂肪があまりついていないのに太って見える(むくみなど)という方には役立つと思います。しかし多くの方、ダイエットを望まれている方は脂肪を落としたいと考えているのではないでしょうか??
 
脂肪を痩せたのち、重さで歪んでしまった体の歪みをとる、より美しい体にする、という目的には役立つかもしれませんが、直接的なダイエット効果は別の方法を試した方が良さそうだと思いました。(一個人の意見ですので、気になる方は実際に本を見てみて下さい。)
 

筋膜リリース本、比較してみて

個人的には紹介した順番(たまたまですが(笑))にお勧めです。
「自分でできる!筋膜リリース」は特に初めて筋膜リリースに挑戦する人にも説明が豊富で、実際のストレッチページも使いやすそうでした。
 
ながら筋膜リリースは少し「なんちゃって」筋膜リリースという感じがして(個人的な感想です。著者はしっかりされた方だと思います。)、どうしても「ながら」でやることにこだわりがある人にはいいかも、という感じです。実際に本を手に取ってみてもらえるとわかりますがとっつきやすいと感じる方もおられると思います。
 
筋膜リリースダイエットは、「興味の範囲外」ですね。。。女性であっても、他のダイエット法を勧めるかな。。。という感じ。しかし内容を詳しく読んでいない(あまり興味が持てずさらさらっと流しました。。。汗)ので、もしかしたら多くの女性に役立つのかも。本自体やこれから筋膜リリースで代謝の良い体を作りたいと考えている人の水を差すのは本意ではないので、あくまで参考程度に。
 
 
以上、あくまで一個人の意見ではありますが「筋膜リリース本」比較してみました。参考になれば幸いです。