健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

「いびき女子、卒業」感想レビューしました。

いびきに効くような本かな?と思い読んでみました。感想書いていこうと思います。

 

基本的には病院へ

 
パラパラと最初にめくってみて思ったことは「メインの内容はいびきのためにできることが書かれているわけではない」ということです。
 
いびきが起こる原因にはどんなものがあるのか、どんな治療が役立つのかなどが紹介されており、いびきを甘く見ることなく自覚症状があれば病院へ、と勧められています。
 

いびき体操と快眠グッズ

 
第1章はいびきがどうしていけないのか、いびきが治るのかどうなのかなどがQ&A形式で書かれています。質問内容は30近くにわたり、子供のいびき、20代のいびきについて、日本人がいびきをかきやすい理由など、具体的な質問が多くあり参考になります。
 
第2章はいびきの原因について。いびきの分類わけのチェックポイントや、どういった病気につながるかなどが書かれています。いびき対策が実はアンチエイジングにも効果的であることなどの理由が書かれており、これは女性にとっては気になることかもしれません。
 
第3章はいびきの治療法について。レーザー治療やCPAPという特殊な鼻マスクについて書かれています。本格的にいびきを治療したいと考えている人にとって、どういった治療法があるのかなどが分かり勉強になります。
 
レーザー手術などというと非常に大掛かりなイメージがしますが、日帰りでも行えるらしく痛みもほとんどないらしいため、こういった情報を知っておくと心配が軽減されます。
 
第4章は睡眠時無呼吸症候群について。SASと呼ばれているそうです。実は日本では300万人を超えた患者がいるといわれ、心臓・脳疾患のリスクもあるため、手遅れの前に何らかの対策が必要です。
 
第5章はいびき体操。本書が130ページ程度の本ですが、いびき体操が出てくるのは122、123ページ。本当に終盤になります。また4ページのみの解説で、自力でできるいびき対策を探している人にとっては物足りない情報量となりそうです。
 
また快眠グッズについても2ページのみ、おすすめのグッズが数個紹介されているのみので、枕やブリーズライトなどを購入しようとして悩んでいるというだけであればここは立ち読みで十分かもしれません。
 

どんなひとにおすすめ?

 
この本を読んだ感想ですが、本気でいびきの治療を考えている人、あるいは「病院行ったほうがいいかな?」と思うぐらい深刻に悩んでいる人におすすめします。いびきについての知識が深まりますし、どんな治療があるのかなどについて専門的な情報が多く載っています。
 

こんな人には役に立たないかも

 
ただし、「自力でいびきを治したい」「今度友達と泊りの予定があるのだけど対策したい」という人にとっては正直あまり役に立たないと思います。
 
いびきについて詳しくなれますが、自力でできることについてほとんどページが割かれていません。
 

気になれば病院へ

 
この本を読むといびきの危険性がよくわかります。もし心配になったら最寄りの病院などで相談することをおすすめします。