健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

「酢納豆」本、読んでみた感想まとめました。

奇跡の酢納豆という本を書店で見つけました。最近、食べ合わせについてテレビや雑誌等で取り上げられるためか新しい組み合わせを提案する本が多く出版されています。見ているだけで結構面白いです笑
 
ではさっさく読んでみた感想・内容などをレビューしていきます。
 

酢納豆の作り方

酢納豆の作り方は非常に簡単。市販の納豆に酢、それから付属のタレをかけ混ぜるだけ。作り方というほどでもありませんね笑
 
使う酢も、黒酢バルサミコ酢など何でもオッケー選ぶ酢によって風味が違いますから、少し飽きたら別の酢を使うなどの工夫も出来そうです◎
 

酢納豆は何に効く??

 
酢納豆の健康効果についてですが、こんなものに効きます⇩
 
 
また嬉しい効果はこんな感じ⇩
 
 
などなど多くの効果が期待できるようです。
 

酢と納豆の食べ合わせは??

 
もちろん、本になって提案されているくらいなので酢×納豆が良いということは分かるのですが、どのような栄養が食べ合わせに良いのでしょうか??気になって読んでみたのですが……
 
あまり書いてありませんでした汗
 
「類似した成分の相乗効果」とは書かれていたのですが、具体的にどの成分とどの成分が補助し合うということが書かれていませんでした。
 
ただ納豆はほとんどの栄養を含む「ほぼ完全栄養食」らしく、また酢も単体で多くの栄養を含みます。そのため、補助的な組み合わせになる栄養が多岐に渡り、わざわざ1つ1つ「これがいい」「あれとあれも助け合う」みたいなことを書いていく必要はない、と判断されたのかな?と勝手に推測。
 

酢・納豆の食べ合わせの欠点

 
ただ逆に「お互いの栄養が、吸収を阻害」みたいなことはないのかな??と思い、食べ方のポイントのページを読んでみることに。
 

納豆菌は酢で死んでしまう??

 
菌によっては酸性に弱い、というものもあるイメージですが、納豆菌は酸に強いため問題ないとか。逆に酸に弱かったらもう、酢納豆の前提が崩れますけどね笑
 

便秘になりやすい??

 
実は酢はタンパク質を固めてしまうという特徴があり、納豆には豊富なタンパク質が含まれています。そのため消化性が悪くなり、便秘になってしまうのでは??との疑問もあるようですが、こちらも大量に食べなければ問題なしだとか。納豆のタンパク質は食物繊維で包まれているため、そういった意味でも酢と反応しにくいようです。
 

適量が重要

 
ただし適量が重要とは何度か書かれていました。食べ過ぎは塩分過多」「タンパク質の取りすぎ」につながるとのこと。1日1パックが目安だそうです。
 

酢納豆レシピについて

 
序盤は酢納豆の特長や食べ合わせのポイントなどについて書かれていましたが、本編はほぼ酢納豆レシピにページが割かれています。
 
項目は
  1. 高血圧・動脈硬化予防
  2. 免疫力アップ
  3. 骨粗鬆症予防
  4. 美肌・アンチエイジング
  5. 腸内環境予防・ダイエット
に分かれています。
 
それぞれに効くような別の食材と合わせて酢納豆を食べるという内容です。
 
全体的に魚、野菜などを使ったヘルシーそうなメニューが多くありました。また酢納豆の袋揚げ酢納豆のお茶漬けなど、酢納豆をメインにしたちょっと変わったメニューも笑
 
最近のレシピ本では当たり前となりましたが、カラー写真の完成写真をみるとお腹が減ります、、笑
 

酢納豆の手軽さ

 
食べ合わせの料理本を見ると、漬けておいたりとちょっと手間だったり、普段は購入しないような(家に常備されていない)ものを使ったものもありますが、酢納豆はどちらも身近で作るのも簡単(混ぜるだけですからね、、)なので手軽さでいうと食べ合わせ界ダントツかと思われます。
 
試してみようかなと思いました。