どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

「生き抜くための恋愛相談」が気になる!

可愛らしい表紙、それから帯の「平匡さん(「逃げるは恥だが役に立つ」の登場人物、ドラマ実写版では星野源が演じた)が書いているのかと思いました」という言葉に惹かれました。

 

「生き抜くための恋愛相談」内容は??

 

ズバっと言わないけど、読むとスッキリ!

16年で1000人以上の女性の悩みに寄り添う「恋愛相談のプロ」が、あなたのモヤモヤの核心に迫る!

「日経ウーマンオンライン」での人気連載、待望の書籍化。

 

(Amazon商品紹介より引用)

 

「ズバッと言わないけど、読むとスッキリ!」

 

どういうことでしょうか(笑)悩み相談の相場といえば「ズバッと言ってスッキリ」か「ひたすら共感して(つまり否定しない)安心」のどちらかかと思いますが、これはなかなか新しい表現ですね。

 

「16年で1000人以上」

 

著者のお二人が恋愛に関する話をコラム・ラジオでこの人数、この期間続けられてきたようです。16年と1000人以上はなかなかな年数・人数ですね。どんな回答が飛び出すのかますます気になります。

 

著者の桃山商事について

 

著者名が面白いですね(笑)桃山商事。これはユニット名だとか。

清田隆之さんと森田雄飛さんが今回の著者ということになっているようですが、他にも佐藤さんや小野さん、今國さんという方など8人ほどメンバーがいるみたいです。またそれぞれに「代表」「専務」「課長」といった役職がついています。

 

桃山商事は一体何のユニット??

 

活動は主に「ラジオ」「書籍」「ネットコラム」などだそうです。ウェブライターの集まりのようなものでしょうか??なかなか変わった集団です。

 

「生き抜くための恋愛相談」事前感想

 

まだ「生き抜くための恋愛相談」は発売されていませんが、実際に読んだら、内容の感想を追記していこうと思います。

 

今の段階の感想としては「なんだか怪しい」です(笑)しかし目次や紹介文などを見た感じ、非常に面白そう。注目度もそれなりにありそうだから割と幅広い書店で取り扱いがありそう。要チェックですね。