健康読書

健康のために役立つ読書の感想記録

ぶっちゃけ純文学の面白さ分からん!って人へ

最近、「純文学の面白さって結局なんなんや」「そもそも純文学ってなんなんや」「純文学の文庫本の『俺、わかる人やから』アピール以外の使い方ってなんや」など様々な考えが頭をめぐってました。

 

僕自身、純文についてはあまり詳しくありません。詳しくないしあまり読まない。小説は好きだけど純文学系よりもエンターテイメント系の方が多い気がします。あとは実用書系ですね。

 

そんな中「純文学の面白さってもしかして。。。」と思うような本との出会いがありました。あったんですよなんと!まぁその本自体を面白いと思ったかどうかはまぁさておきなんですが(笑)紹介しておきます。

 

もしかしてこれが純文学、純文学の面白さなのか!!と思った本

ちょっと前置きが長くなっちゃんで、早速紹介。この本です。

 

文学2017

 

タイトルがもろじゃないかwwww

 

文学について知りたくなって文学ってタイトルの本読んじゃうんだからもうなんというか自分の単細胞さよ。。。

 

というのはさておき、僕は別にこのタイトルだからこの本を手に取ったわけではありません。(弁解)

 

図書館である短編小説が読みたくて探していたんですが、それが収録されていた短編集自体は借りられており。(ほかの著書もめぼしいものは軒並み借りられていたので相当人気の作家さんだということが判明しました。)

 

そこで一度くじけそうになったのですが、なんとこの「文学」なる本にその短編集が収録されていたことに気づきこれを借りた次第。ちなみにこの本に収録されているほかの短編はまだほとんど読んでません。。。汗

 

というわけで私が純文学の面白さを感じたのはこの小説。

 

 

 

今村夏子さんの「あひる」。(この本も短編集になっていますが、ここで私が話しているのは表題作になっている短編「あひる」のことです。)

 

文学に疎い私は知りませんでしたが、結構話題になった本らしいです。著者自体も芥川賞候補にノミネートされるなど、筆力は確かに評価されています。

 

さて。「ぶっちゃけ純文の面白さ分からん!」「なんやねん純文って!」「ぶっとる!こいつぶっとるで!」とやいのやいの言ってしまう皆さん。

 

この本を読んでください

 

純文学は読みにくいわけじゃない

「純文学」「文学」というと「なんか小難しい」「読みにくい」というイメージがありますが、この「あひる」は非常に読みやすいと思います。文がすいすい進む。純文学に不慣れな私が言うのだから、間違いない!はず!(笑)

又吉さんが書いた「火花」も読んだんですが、あの時でさえ「ちょっと読みにくいな、、、」と感じた印象があります。今読んだら、多少慣れた分読みやすくなっているだろうか、、、

 

小説の醍醐味「腑に落ちる」「伏線の回収」

小説の醍醐味といえばミステリー・サスペンスしかりですが「腑に落ちる」「伏線が回収される」などちゃんとオチがつくところにあると感じる方も多くおられると思います。謎が明らかにされることや意外な結末は読後の興奮をガンガン煽ってきますよね。

 

でも「あひる」はよく分からないんですよ。最後まで読んでも。わかる人にはわかるのかもしれませんが僕にとっては「??????」となりました。

にもかかわらず印象に残るんです。

なんなんだよ!!となりました(笑)

 

果たして「面白い!!」となるか

正直に言うと純文学小説を面白いと感じたことのない人が「あひる」を読んで、「面白い!!」となるかどうかは微妙なところだなぁと思いました。

 

ただ「もしかしてこれが純文学の面白さなのか??」というところは感じられるのではないでしょうか。

 

なんというか、スポーツ観戦を面白いとは思わないけれども「あぁなるほど、これがみんながサッカーの日本戦に熱狂する理由なのかな」とか、アプリゲームにはまってはいないけど「へーよくできた仕組みだ。これなら確かにはまる人ははまるかもな」と思うとか。そういうイメージです。なんとなく伝わるでしょうか、、、??

あひるを読んでピンとこなかったら。

もし「あひる」を読んでみても「え、つまり何?全然面白さ分かんないんだけど。。。」となった方は「あひる」を読んだ人の他の感想を見てみることをおすすめします。なんかすごい盛り上がっている人いますね(笑)

 

それを見て逆に若干冷めちゃうかも、と思わなくもないですが、「こういう楽しみ方かぁ~なるほどね~」と気づける場合もあるかと思います。

 

というわけで以上です。この本を読んでみて、「純文学の面白さってもしかして、、、」と感じられる人が増えるといいなぁと思っています。僕もどちらかというとまだまだ純文の面白みを理解出来ない派ではあるのですが、、、汗

 

でも楽しめるようになったら読める本も増えるし、なんとなく人生にも深みがでそうですよね。(どうだろう)

 

あと、この記事はわりと勢いで書いたし、純文学の専門家でもない一素人の意見なのであまりあてにしないでくださいね。と言い訳をここに残させてください。本当に純文学に詳しい方は、ほんと、鼻で笑ってブラウザを閉じて頂ければと思っています(笑)

 

お読みいただきましてありがとうございました。ではでは!