【記事タイトルでブログアクセスアップ】秀逸な記事タイトルまとめました。

ブログを続けていて「タイトル、どういうのつけたらいいんやろ。。。」というのが気になり始めた今日この頃。基本的には「気にしすぎると更新が滞ってしまう(その後挫折する)」ということが分かっているのであまり気にしないようにしてきました(笑)

 

でもアクセスは欲しい。ブログタイトルを考え過ぎたくはないがアクセスは欲しい!!(笑)

 

というわけで少し発想を変えて、「記事を更新する時にタイトルを悩むのではなく、普段から検索側目線で『このタイトルいい!』と思ったものをピックアップしていけばいいんじゃないだろうか。」と思い至ることに。そうすれば自然と自分のタイトルをつける時にスッとタイトルが思い浮かぶようになるのでは。

 

基本的には読書の感想なので、「本のタイトル入れとけば必要な人が見てくれるでしょ!」とは思っているのですが、今回みたいな別の内容の記事もこれからぼちぼち書いていこうと思うのでやっぱりブログタイトル職人になりたい。。。ではでは早速いってみたいと思います。

 

個人的に「読みたい!」と感じたタイトルまとめ

ストレートに惹きつける!シンプルで気になるタイトル

日本人みたいなフィンランド人の憂鬱さを描く漫画が面白かった

引用元:http://www.kanmika.com/entry/matty-yuuutsu

 

紹介されていたのはこの本

 ↓↓↓

 

「感想みかん」さんという方のブログにて目撃。「感想みかん」というネーミングセンスも個人的にはかなりぐっときます。ストレートでしかも印象に残る。こういうのがちょっとしたネーミングの上手い方なんだろうなぁと思いました。

 

タイトルですがフィンランド人ってあまり憂鬱のイメージないですよね。でも「日本人みたいな」とつけるとすぐにイメージが湧きます。それでなんだかそのフィンランド人に親近感が生まれるといいますか(笑)俄然気になってきます。

 

またこの記事、わりと文字数が少なくて語られている内容も多くありません。それがまた逆に興味をそそる。そのままリンク先にスッと行きたくなっちゃうんです。タイトル・本文内容合わせて、「これは気になる(笑)!」と思わされる秀逸の構成だと感じました。

思わず共感!「いいね」したくなっちゃうタイトル

気合いの入った書評ブログって、秒速でポチリたくなるよね?

引用元:http://blog.imalive7799.com/entry/shohyo-1click

 

「秒速でポチリたくなる」書評を書いていきたいものです(笑)

このブログ記事では、プロの方が書かれた「うまい」書評ではなく、ブログを運営されているアマチュアの方の書評の魅力について書かれています。例えばこんな感じ。

 

(プロの方の書評と比べて)ブロガーが書いた書評は、まず純粋な意味でのストレートな感想文が多いんですよね。そして、わかりやすい。そして、ブログならではの自由な書き方から、個性がたっぷり感じられたりする。

また魅力的な核心の部分について

ブログ内での書評に込められた、そのブロガーさんの個人的な思い入れとか熱量みたいなもの

と。熱いですね。熱い書評記事に対してのリスペクトがすでに熱いです(笑)

 

このブログ記事タイトルのポイントは二つあると感じました。(個人的な感じ方ですので、筆者さんの考え方とは違うかもしれません、、)

一つは「強調表現」、そしてもう一つが「砕けた言葉遣い」です。

 

強調表現というのはこの記事タイトルで言う「秒速で」の部分。「すぐに」という意味合いですが、「秒速」を「すぐに」と置き換えている読むと強調がかなり薄まるのが分かると思います。「秒速」というあえて強い表現を使うことでタイトルのインパクトをつけています。

 

砕けた言葉遣いとは「書評ブログって」の「て」の部分や、「ポチリたく」や、「なるよね」という部分。まるで友人や親しい知人に話しかけているようなタイトルです。このような言葉を使うことで「本音を話しているな」と読者が感じやすくなるように思いました。「ぶっちゃけている」ということですね。

 

また、著者の顔が見えやすいというか、キャラクターをイメージしやすくなる効果もあるかなと。記事のはじめに「○○(その方のハンドルネーム)です。」と書かれているタイプのサイトでしたので、サイト自体がそういった風に読者さんとの距離を縮めて継続的にサイトを訪問してもらおうという方向性も持っているのだろうと思います。

 

参考になりますね。。。

「強調表現」と「砕けた言葉遣い」を使ってこのブログタイトルをつけてみると、

 

【記事タイトルでアクセスアップ】秀逸な記事タイトルまとめました。

             ↓↓↓

  • 秒速でクリックしちゃった記事タイトルまとめ
  • そりゃこの記事タイトルはクリックするよね

どうでしょうか。「秒速で」は割と使いやすそうです。

 

こんなのも思いつきました↓↓

 

【悪用禁止】中身スッカスカでもクリックさせるブログ記事タイトル

 

悪いタイトル名ですね(笑) ちょっと詐欺っぽい。。。汗

思わずクリックしそうではありますが。。。それこそハードル上がりますね~

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「気になったブログタイトルまとめてみたい!」とは思ったもののそういう時に限って自分がひっかかるようなブログタイトルが見つからない。。。汗

 

というわけで随時更新していく予定(あくまで予定)です!気が向いたらまた見に来て下れば幸いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【10月17日更新】

 

更新するといいつつまるで更新していなかった記事。。。

ついに更新します!(笑)

 

こんな記事タイトルを見つけたからです!

↓↓

 

ヒジキ「鉄分の王様」陥落 食品成分表、5年ぶり改訂 :日本経済新聞

(引用元:日本経済新聞)

 

地味にツボwww

この記事タイトルにも「王様」「陥落」という強い言葉(強調)が使われていますね。

またヒジキ「~~」とすることで、ヒジキをうまいこと擬人化しています。

「王様」「陥落」もそれに続いた擬人化の狙いもあるのでしょう。

 

 さすが日経ライターさんですね。。。

 

僕も何かこういうタイトルをつけてみたいですね。

 

ごはん反論「糖質制限にだってリスクはある」

 

 こんな感じですかね。あってるかな(笑)

 

なんのこっちゃってなった絵本のタイトル

あと、本屋でものすごく心惹かれて、思わずそのまま全部立ち読みしてしまった(本屋さんいつものことながらごめんなさい)、絵本があったので、それもここで紹介しておきます。

 

衝撃のタイトルはこちら

すべてのひとに石がひつよう

 

どういうことwww

 

またAmazonのカスタマーレビューでは

 

「石っ子の原点」

「手のひらの上の地球」

 などカオスなコメントが並び、圧倒的高評価。

 

本が本なら、読む人も読む人(いい意味で)、という愛すべき不思議空間が広がっております(笑)

 

「マッティは今日も憂鬱」もそうですけど、絵本って結構、ブログの記事タイトルの参考になりますね。。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで今日の更新はここまで!(笑)

後半の部分書いてるときに「あ~面白い絵本のまとめサイト作りたいな」完全にブログ記事タイトルから外れたことを思ってました(笑)

それはさておきまた更新しますー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー