どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

「高密度仕事術」を読んで考えたことなど。

実際に読んで見たので感想を。

 

 

 

いかに意識を高めるか

 

時間の使い方・仕事効率に対して、「いかに自分に意識づけを行うか」ということが重要だ感じました。

 

これは多くの目標達成において重要な事柄だと思います。

 

ダイエット、貯金、断捨離等々。。。

 

特に「無駄を削ぎ落とす系」の目標達成に対し効果を発揮しそうです。

 

目標達成を妨げる「無駄」とは?

 

目標達成を妨げる「無駄」。まずはダイエットであげて見ましょう。

 

ダイエットでいえば「お菓子を食べてしまうこと」「甘い飲み物を飲んでしまうこと」などなど。

 

また「運動する時間がない」といいつつ、「夜更かしして漫画を読んでいる」なども無駄と言えるかもしれません。

 

これらに対し、僕たちができることはまず「無駄を意識する」こと。

 

お金が貯まらないと嘆く人が「そんなに無駄遣いしていないのに。。」と感じることがあります。

 

これこそまさに「無駄を意識できていない」状態。

 

ではこの状態から脱するにはどうすればよいか。

 

それは「見える化」することです。

 

多くの本やネットなどで何度も言われていること、書かれていることではありますが。

 

しかしやはりこの方法が「シンプルにして効果の大きい」方法だと、高密度仕事術を読んで改めて思いました。

 

まずは書き出すこと

 

無駄の「見える化」は書き出すこと、記録すること。

 

この記録方法はどのような方法でも良いと思います。

 

ただし長続きする方法がいいですね。

 

ダイエットや断捨離のまえ段階として、まずは「記録する習慣」を身につける、という小さな一歩を踏むというのがいいかもしれません。

 

スマホを使ってもよし、手帳でもノートでも。

 

まずは期間を限定して、「どのような記録の取り方が自分にあうか」を試す必要があると思います。

 

期間は例えば「1週間」。これくらい続けてみると「3日で挫折した」「これは無理、、」というのがわかると思います。

 

時間の見える化

 

仕事の効率を上げるために「時間を見える化」、「仕事内容を見える化」、「成果を見える化」するなどの手段が考えられます。

 

時間管理なども挫折しやすい習慣の一つですよね。。手帳なんかを買って「よしやるぞ!」と思っても2週間くらいで白紙のページが目立つようになり、、

 

ここでもやはりまずは「お試し期間」を持つこと。これが重要ではないでしょうか。

 

動画サイトやアマゾンプライムなどの「無料お試し期間」の容量ですね。無料だと思い入会したら結局習慣になってしまい手放さなくなった、、という人も多いのではないでしょうか笑

 

あの容量で、習慣化しちゃいましょう。

 

あくまではじめの一歩は小さく。これは高密度仕事術を含め多くの本で提案されていることです。

 

「モチベーションが高いときに立てた目標」というのは「モチベーションが高い時」しか続きません。

 

「モチベーション最低」「気分最悪」、そんなときでも「これくらいはできる」ということから始めましょう。

 

正月の日や何か新しいものを買って気合いを入れるということが、いかに目標達成や習慣化を妨げているか。

 

経験則で知っている方は多いと思います笑

 

「見える化」以外にも

 

高密度仕事術には「見える化」以外にもさまざまな「仕事圧縮」方法が書かれていました。

 

中心的な考えは「いかに問題・課題に自分の意識を集めるか」だと感じました。

 

「意識しなきゃ意識しなきゃ」と思っていてもなかなか意識できないのが人間。

 

目標立てても、寝て、食べてと一晩経ったら「まぁいっか」と気持ちが薄れてしまいます。

 

そうならないような工夫が高密度仕事術には多くのっていました。

 

「ダラダラと仕事をしてしまう」あるいは「別にちゃんと仕事してるのにいつも仕事に追われてしまう」そんな人にオススメの本です。

 

意識が変われば問題点が浮き上がってくる、問題が見えたら思いのほか対処するのは簡単だ。

 

そんなことを思わせてくれる一冊でした。