どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

「脳にこじつけていつでも引き出す記憶術」実際に読んだ感想です。

実際に読んでみたので感想などを書いていきたいと思います。

 

 

この本には3つの特長がありました。

資格・受験勉強で大事な「暗記」について

 

1引き出すことことの重要性

2こじつけることの重要性

 

そして、

 

3講師の方が書かれている

 

ということです。実際に項目ごとに内容を確認していきます。

 

効率的な暗記:引き出すことの重要性

 

「効率よく記憶したい」というニーズは受験勉強・資格試験がなくならない限り続くことと思います。だからこのような本に書いてある内容は「広く・長く使える知恵」、「スキル」といっても過言ではないのかな、と。

 

「覚える」ということと対比されがちな「考える」ということももちろん重要。こちらも最近では多くの本が出ていますから、さまざまな人の「考え方」に触れることができます。

 

さて、何かを記憶するにあたり「反復が重要」ということは多くの人が感じていることではないでしょうか。しかし覚えることは山ほどあるし、覚える以外にやりたいことだって!

 

というわけで記憶術の出番ですね笑

 

ただ記憶術といっても、そればかりに凝ってしまうと肝心の勉強がおろそかに、なんてことも。策士策に溺れるというやでしょうか。僕も記憶術にはまり、結局いろんな歌やら語呂合わせを作る時間ばかりかかってしまった、という経験があります、、

 

この本を読んで「シンプルな記憶の知恵」というのが役立つし、結局武器になる、ということを改めて考えさせられました。

 

例えば記憶の反復で重要なのは「覚える」ことではなく「思い出す」こと。

 

覚えよう、覚えようと何度も口にする書く、というのは案外確実なようで遠回り。なぜなら「思い出す」という行為につながっていないからです。

 

覚えたら、一旦時間を開けて、「思い出す」。これを繰り返す方が早く覚えられる(というよりは思い出せる)ようになるでしょう。

 

試験によって例えば「この単語を時間内に覚えてください」という試験であれば「覚える」訓練は役立つかもしれません。

 

しかし一般的な受験・資格試験は基本的に「思い出す」能力を問うもの。シンプルではありますがこの違いを把握しておかないと、「遠回り」してしまうことになるかも。

 

記憶する方法について考えるという行為は結果的に「近道する」ということではあるのですが「遠回りしない」という、無駄を省く行為の連続なのかも、とも思わされました。

 

効率的な記憶:こじつける

 

これは今度は「覚える」時の話。先ほどの「引き出す」という際に「引き出しやすい工夫」を施す、というものです。

 

例えば語呂合わせ、なんかがそうですね。暗記対象を「思い出しやすい」、または「反復しやすい」カタチにすることで、暗記効率を高めます。

 

なんだ、語呂合わせか。。と思われる方も多いかもしれませんが「語呂合わせがなぜ覚えやすくなるのか」を知っておくとその方法を応用して「さらに記憶しやすいカタチ」を作ることができたり、暗記対象によっては「むしろ語呂合わせが邪魔になる」ということがわかったりと、さらなる暗記の近道の発見につながります。

 

「覚える工夫」が実は「考える」訓練になっていたりと、これは受験・資格試験のみならず仕事においても役立つ基礎になりそうです。

 

また、もちろん本書で取り上げられている「こじつける」は「語呂合わせ」のみにとどまりません。

 

「覚えた時の環境」やそれから「感情」など。利用できるものはなんでも利用するという姿勢。とにかく「こじつける」ということが「思い出す際のヒントを多くする」ということにつながります。

 

とっさに忘れてしまった、なんて時も手がかりが2、3個あればそれをきっかけに芋づる式に取り出すことができます。

 

プレッシャーがかかる試験ものにはぴったりの暗記方です。

 

具体的な方法については本書を参考にしてみてください。

 

またもしAmazonをよく使われている方であれば、AmazonのKindle読み放題サービスでもかなりブレイクしている記憶術の本があります。こちらもかなり参考になるかと。

 

Amazon無料で記憶術本を読む

 

Amazonkindleアンリミテッド登録後、「一流の記憶法」で検索してみてください。おすすめです。

 

暗記について「考える」アプローチと同時に、今すぐ使える記憶術満載でおすすめです。

 

では本書の書評に戻ります。

 

大きな特長

 

本書の大きな特長の3つ目ですが、「講師の人が書かれている」というのは大きいなぁと感じました。

 

非常に「教える」ということに精通している方らしい「読みやすい」「分かりやすい」内容となっていました。

 

また記憶術の本、というと「こんなん使えるかよ、、」みたいなとにかくあらゆる記憶のアイデア集めました!みたいな羅列形式の本もあるかとは思いますが、この本は要点が絞られており「どこを抑えとけばいい」かがよく分かります。それこそ、人気の塾講師さんの授業のようです笑

 

また著者の体験がよく書かれているので、「説得力」もあり「本としての独自性」もあるなぁと。

 

ただ暗記の仕方が書いてある本、というイメージよりも「教えてもらえている」感じがして、より「やってみたくなる」と感じられる本でした。

 

普段あまり本を読まない人にもおすすめの内容です。手っ取り早く暗記術!というタイプより、一つ一つ「こうなるからこう」という、理解を深められる内容の本でした。