どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【書評】「自分が変わる靴磨きの習慣」

実際に読んで見たので感想を。

 

 

 

靴磨き×自己啓発

 

靴磨き×自己啓発という新しいパターンのビジネス書です。著者は「靴磨き」を実際の職としている「靴磨き職人」の方。経歴の話を見ると非常にチャレンジ精神に溢れた方、というのがわかります。

 

どんな本?

 

靴磨きを習慣にすることによって、結果的に「ビジネスや人生が好転する」という理由や、実際の「靴」に関する話などがメインの本です。

 

どうして靴磨きが人生を好転させる?

 

どうして靴磨きが仕事での成績や人生の好転と関係があるのか、実際にどういった変化が期待されるか。本書には多くのページを割いてそのことが実例とともに書かれています。

 

一番のポイントは「自己管理の精神が養われること」「靴が目につきやすいアイテムであること」だと思いました。

 

一つの習慣がうまくいくと自信がつく

 

これは最近自分で経験したことなのですが、一つの習慣が身につくと「他の分野でも」結果が出せるような自信が湧くようになります。僕の場合はこのブログを続けられたことでした。

 

今まで向き合えなかった「勉強」や「お金のこと」、「身の回りの掃除」などなど…

 

ブログを書き続けることができた時、「これもできるんじゃない??」と無意識に自分に「go」を出せるようになった自分に気がつきました。

 

「靴磨き」もそういったことの一つではないかと。確かに慣れるまでは面倒だし「履ければいいじゃん」と思うことではありますが、綺麗になった時の喜びやそれを維持できた「自分」に対し自信が生まれることは自然なことと思います。

 

これが「仕事」「プライベート」問わず、うまく行き出す理由の一つです。

 

「靴磨き」じゃなくてもいい?

 

ここで疑問が出てきます。一つの習慣がうまくいくことで自信がつき、他のこともうまく回り出す、、ならば靴磨きじゃなくてもいいのでは?と。

 

これに対し、本書では「靴磨きがやっぱりいいよ」という理由も書いてあります。気になる方は実際に本書で確かめて見てください。

 

この部分は納得できる説明ではあったのですが、僕は個人的に「他の習慣でもいいな」と思いました。

 

ただ「靴磨き」はその中でもうってつけの習慣だな、とも思いました。どっちやねんって感じですが(笑)

 

感想総括「自分が変わる靴磨きの習慣」

 

身近ですし、ビジネスマンの方なら革靴が基本。なのに、掃除に関しては「放置」されがち。身だしなみに気を使わない人は、靴・服問わず、生活や仕事においてもだらしないことが多い……というのは想像に難くありません。靴だけピカピカだけど、スーツはしわくちゃ、という人はほとんどいないでしょう。

 

逆に靴を磨くのが習慣になると今度は「スーツ」が気になったり、爪の汚れが気になったり。

 

だらしない行為をする人は「ますますだらしなく」、自分を引き締める行為をする人は「ますます自分を引き締める人間になる」、そんなことを実感させられるような内容の本でした。