TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

プログラミングを本で独学。学びたい言語を決定。【プログラミング独学・第二回】

プログラミングを独学で学んでいます。

 

初心者向けの本、どれにしようかなと思いまず読んだのはこちらの本。

 

こどもプログラミング教室

 


こどもプログラミング教室

 

なんでこの本を選んだかと言いますと。

 

  1. Amazonkindleアンリミテッドで読み放題(つまり0円で読める)
  2. おそろしく初歩の初歩
  3. 1時間あれば読める。

 

ということです。

 

プログラミングを学びたいと思ったものの、「そもそもプログラミングって何?」「どうやったら仕事になるレベルなのか。(お金ほしい)」

 

ということしか頭にありませんでした(笑)

 

独学はスクールやマンツーマンの授業のような「強制力」がありません。というわけで挫折はなるべく避けるべし、ということでめちゃくちゃ簡単なところから始めました。

 

結果的には「まず独学で何を学んだらいいのかがおぼろげながら分かった」ということが非常に大きな成果。

 

結論から言うと「プログラミング初心者はとしてまずJava scriptを学ぶことに」決定しました。

 

なぜJava scriptなのか。

一応、「そもそもJava scriptとは?」というところも書いておこうと思います。

 

プログラミング→コンピューターを命令通りに動かすよ。(ゲームソフトを作ったり、アプリを作ったり、webサイトを作ったりできるよ。)

 

プログラミング言語→コンピューターに命令する際に必要な言葉。これをマスターすればコンピューターに指示通りに何かをやらせることができる。ゲームやアプリなんかも作れる!

 

プログラムというものでそもそも何ができるのか、それからそのためにはプログラミング言語をまなべばいいということが分かりました。

 

Java scriptはプログラミング言語の一種。他にもいろいろありますがなぜJavascriptを選んだかというとそれが「webで使える言語」「初心者でも理解しやすい言語」だったから。

 

他の言語は例えば「ゲームを作る」「アプリを開発する」ということができたりします。Javascriptは主に「webサイト」。これは自分が「ブログ運営をしている」という点で役に立つと感じました。

 

つまり学んだプログラミング知識をそのままこのブログのカスタマイズなどに使えるというわけですね。これはいい。

 

また他の初心者向けのプログラミング本を読んだのですが、そちらでも真っ先に登場したのが「Java script」でした。

 

まずはこいつをかじってみるぜ。。。ということで、

 

「プログラミングを学ぶ」→「プログラミング言語を習得する」→「初心者でも取り組みやすい&webで使えるプログラミング言語・Java scriptを学ぶ」というところまで方向性が定まってきました。