TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

【書評】見る見る幸せが見えてくる授業(ひすいこたろうさん、最新作)

実際に読んだので感想を。

 

 

 

ひすいこたろうさんらしい本

ひすいこたろうさん(著者)らしい内容の本だなぁ。。。と感じました。

 

そういった意味では合う人・合わない人がいるかもしれません。もちろん、どんな本でも相性はあると思うのですが。

 

まだこの著者の本を読んだことのない方は、これまでの著書をパラパラっとめくってみるのもよいかもしれません。

 

基本的にはどの本を読んでも著者の「ひすいさんらしい」感じがあるかと思います。これまでに多くの本を出されていますし、図書館や書店などでも見つからないことはないんじゃないかな、と。

 

見る見る幸せが見えてくる授業・内容

「幸せが感じられないのは見方に問題がある」ということで様々な「こういう見方もできる」「こうするともっと楽になるんじゃない?」というような投げかけが、著者特有の、ユーモアをまじえた読みやすい文章でつづられています。

 

普段本を読まない人でもスッと読める一冊だと思います。厚みはややありますが細かい字がズラーっと並んでいるような本ではないので。イラストや写真もありますし、行間も広いです。

 

授業形式

「著者自身、教師になりたい願望もあった」という話も出てくるのですが、本書は「授業形式」。

 

「物事の見方・捉え方」を試すような質問がなされ、それに対する解説、という風に本が進んでいきます。

 

分かりやすい内容・読みやすい文章

「物事の捉え方を変える」というテーマ性においては、最近読んだ「悪魔とのおしゃべり」にも近いものがありました。

 

kennkoudokusyo.hatenablog.com

 

ただし、内容は大きく違います。

 

どちらも「著者特有のユーモア」を交えて「幸・不幸も本人の捉え方次第」ということが書かれているわけですが、「悪魔とのおしゃべり」の方がよりぶっ飛んでいる印象です(笑)

 

こちらの本は「文章はユーモアもあり読みやすい、内容自体もシンプル」

「悪魔とのおしゃべり」は「文章はユーモアがあり読みやすいが、内容は複雑(飛躍している)」

 

ここが大きな違いかな、と思いました。

 

どちらも好みによって楽しめる度合い・役立てそうな度合いが大きく変わってくると思います。

 

理屈っぽい人にとっては「悪魔とのおしゃべり」の難解さはある種癖になるかと。まるで「アキレスと亀」の話を聞いているような「論理に化かされている」ような印象を受けます。この感じ、個人的には結構好きです(笑)

 

一方この本はとにかく「分かりやすい」。普段本を読まない人にとってもとっつきやすい内容となっており、さらっと楽しむことができそうです。

 

この2択というわけではもちろんないですが、自分にあった本を読んでいきたいですね。