TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

英会話独学本のおすすめ。「英語サンドイッチメソッド」の感想。

英会話を独学で勉強しています。

 

スピーキング・文法の方も同時に勉強を進めてはいますが、「リスニング」もしっかり勉強していきたい。そう考えて探していた時に見つけた一冊です。

 

タイトルは「聞くだけで話す力がどんどん身につく英語サンドイッチメソッド」。

 

実際にトライしてみた感想やメソッドの特徴について書き残しておきます。

 

英語と日本語のサンドイッチ

タイトルの「サンドイッチメソッド」ですが「英語と日本語がサンドイッチ状(交互)になっている」というもの。

 

英文が「意味のかたまりごと」に区切られ、その後にそのかたまりの「日本語訳」が流れます。

 

このように交互に「英文(一文が複数に区切られていることも。)」「それに対する日本語訳」という音声が付属のCDからひたすら流れてきます。

 

英語と日本語の語順

この本をいいなと感じたのは「英文を頭から理解する」という癖付けが行えると感じたからです。

 

実際の英会話ですとどうしても「全部聞いた後に、後ろから日本文らしい理解をしていく(和訳する)」というのでは間に合いません。

 

そのため、「聞いた順番でそのまま理解する」ということができるようになれば、その訓練になるのでは?と考えこの本を手に取りました。

 

文の全体像がつかめない

実際にやってみると「文の全体像がつかめない」という印象を受けました。

 

短い英文とそれに対応する日本語文が流れてくるのですが、「それぞれを独立した英文と感じてしまう」という現象に。

 

語順を意識しているというよりは「それぞれの部分の意味をとらえ」「その都度、直後に流れてくる日本語文で意味を確認する」という流れに。

 

「英語を頭から学ぶ癖付ける」というトレーニングとしてはあまり適さない本かな、と個人的には。

 

内容は面白い

ただ全体をCDで聞き通してみて思ったのは、「英文自体が面白い」ということと「英文を意味に変換する訓練にはなる」というもの。

 

それぞれ書いていきます。

 

「英文自体が面白い」というのはそのままの意味。日本語文化を海外の人の視点でとらえた、という文章なのですが、英文を聞いている途中で思わず「フッ」と鼻で笑ってしまうような部分もあり、外で聞いていたのでちょっと恥ずかしかったです(笑)

 

そういった意味で興味を持ったまま英文を聞くことができました。

 

また「英文を意味に変換する訓練にはなる」というものですが、こちらは「それぞれのかたまり」が英語で流れてきた瞬間に「こういう意味かな?」と予想し、その答え合わせがすぐに行えるので、これは実際に英語を聞く際のリスニングトレーニングとして役立つなと感じました。

 

特に長い文章を聞いた時に「最初は終えているが、途中で躓き、気が付くとよく分からないまま流し聞きになってしまう」というレベルの人にとっては「短いセンテンスごとに答え合わせができる」という点は非常に役立つかと思います。

 

またどうしても聞き取れない部分は本文で確認できますし、リスニング教材としてはなかなかいい教材だなと。

 

個人的には一通りCDで聞き通したので、今後は本文で文章の確認とそれからまたCDを聞きならして別の本にうつろうかと思います。