どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【考察】夜更かしの原因はその一日に不満があるから。

最近は日が回る前には寝て8時前に起きるというような生活が続く私ですが、今日久々に夜更かしがしたくなり夜更かしをしています。

 

せっかくなので夜更かしの原因について考えたことを書き残しておきます。

 

夜更かしの原因は「一日の不満」説

 

夜更かしの原因について。今回、私が提示したいのは「夜更かしはその一日に不満があるからだ」という説です。

 

完全に自分の実体験のみを振り返って考えているだけで根拠などは特にないのですが。

 

この説を夜更かしをし、ネットサーフィンをしている、暇ではないけれど、暇つぶしに忙しい、そんな暇人に送りたいです。

 

ではこの説の解説です。

 

その一日への不満

その一日への不満です。

 

例えば朝から晩まで仕事。

 

本当は遊びたい、休みたい、だらだらしたい。

 

しかしその気持ちはかなわず夜遅く帰宅。

 

するともう時間はありません。

 

明日もまた元気に働きにでるためには、風呂・軽い飯・テレビくらいでもう寝ないといけない時間です。

 

明日も、明後日も、その次の日も。

 

休みたい、だらだらしたい、なのにできない。

 

そういった不満がたまります。

 

そして夜更かしです。

 

体は疲れているのに、神経は高ぶっています。仕事のストレスで頭は冴えています。

 

その日一日をとりもどしたい。自分のために時間を使いたい。

 

そういう悶々とした思いが、私を夜更かしへと向かわせます。

 

夜更かしをしてしまえば、自分が自由に使える時間は圧倒的に増えます。

 

21時に仕事から帰ってきて、次の日も6時から仕事。22時半に寝るとなったら本当に風呂と飯で終了です。

 

でも夜更かしをすれば?

 

風呂入って、軽く飯くって22時過ぎ。そっから3時くらいまで夜更かしすれば5時間は遊べます。

 

テレビでも、酒でも漫画でもゲームでも。

 

なんでもありです。

 

ぐたぐたOKです。

 

溜まったドラマも一気見できるし、

 

2ちゃんのスレッドも読み放題です。

 

くだらない時間を過ごしても過ごしてもまだ時間が余ります。

 

暇ではないのに、「暇」を作る。意図的に。誰にも文句を言われぬ時間に。(24時間企業戦士の人にはそんな余裕さえもないのでしょうけれど。本当に頭が上がりません。)

 

そして作った暇を「自分でつぶす」。自分で自由に使える時間。人生の主導権を取り戻した感覚。

 

一日は仕事に拘束されています。その日一日は楽しかろうと苦しかろうと、「一日の過ごし方」を選ぶことはできません。行動を選ぶ「自由意志」が発揮できないわけです。

 

それはまさに失われた一日。何が失われたのかというと「自分で自分の過ごし方を選ぶという行為」です。

 

だからその不満を「夜に解消する」。

 

本当は寝た方がいいのに。

 

でなければ明日の仕事は今日よりもきつくなるのに。

 

それでも「失われたその日」を取り戻したい。

 

「自分がやりたいことをやっていい時間」「自分の行動を自分で決められる時間」をつくる。そこで何をやるのかはさして重要ではない。ただ「自分のための自分の時間」がほしい。たとえすることがなくて「暇」であっても。ただつまらないテレビをだらだらとみる生産性のない時間であっても。

 

仕事に関わらず休日であっても、

 

「あーーーー!!今日は結局だらだらしてしまった!!」と不満がたまると、夜にそれを取り戻したくなります。

 

夜更かしをして時間を延長して、本当は頑張りたいと思っていた勉強やら部屋の掃除やら。

 

一日を無駄に過ごした、という気持ちを払拭したい。そんな気持ちで休日の夜を延長することがあります。

 

逆に「今日はいい一日だったなぁ」と思った日は結構すんなり寝れます。

 

「明日も頑張るべ!」と希望ももてます。寝る前にふとんの上をきれいにしたり、アイフォンを充電器につないだりと、そういうちょっとしたことに気を配る余裕もあります。

 

そんなことを思いました。

 

人によって様々だとは思いますが。

 

という説です。

 

もちろん、夜更かしをする人の数だけ夜更かしをする原因はあると思うのですが。

 

日中の生活で不満なく一日を過ごせたら、

 

夜に「無駄に起きて、すげー無駄なことして、こんなことしてるくらいだったら疲れてるんだからはよ寝ろや!と思いつつも、だらだら夜更かししてしまう、もう朝が来た」みたいなことにはならない気がします。

 

癖づいてたりして完全に昼夜逆転してる、とか、普通に不眠症、とかだったらまた話は厄介になっちゃうんですけどね。

 

どうでしょうか。