どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【書評】「14歳ホステスから年商10億のIT社長へ」

実際に読んでみた感想を。

 

凄まじい人生

 

14歳ホステスからIT社長へ、というタイトルだけを見てもそうだが、著者の人生は予想していた以上に凄まじいものだった。

 

まるで嵐のように激しく、次から次へと難題が降りかかって来る。

 

また日本経済や世界経済の大きな変化をもろに生活に受けている点も印象的だった。ホステス時代、バブルで羽振りのいいお客さんに囲まれ未成年にもかかわらず恐ろしいほどの金回りの得て、それがはじけては得意客がさぁーっと潮のように引いて行く。

 

会社を立ててからはリーマンショックに大震災。それを経験する中で会社の危機を乗り越え、「自分が、自分の会社がどう向かっていきたいか」という使命を見つけていく。

 

荒々しく、特に金銭の面に関しては降っては消え、降っては消えていくという著者の半生が、著者の負けん気の強さがよく表れているエピソード、あらゆる人との出会いなどとともに描かれている。

 

著者の人生を生きたいか?

 

「起業家の人生、かくのごとし」と言わんばかりの典型的な「波乱万丈」人生。

 

単純な「貧乏な幼少期から企業の社長までのサクセスストーリー」というにはあまりにも紆余曲折、様々な苦難が著者を振り回している。

 

このような人生を生きたいか?と問われると、正直にいって「No」。

 

特に子供時代に関して、親の子育て・学校教育の面で「学生生活を楽しんだ」とは程遠い経験をした著者は、自身のような経験を他の人(若い人、子供たち)に勧めていたりはしない。それは、そのような過酷な経験で得られた学びや人の繋がりがあったとしてもだ。

 

個人的にも「この人のような道を進みたい!」とは決していうことのできないものだった。著者自身の精神力の強さには脱帽する。持ち前の気質もあるとは思うが、そうだとしてもあらゆる事態に、文字通り「全力で」ぶつかっていく様子は、それ自体が恐ろしく「非現実」的なもので、ここまで何事に対しても力を振り絞れる人は1000人に数人いるかいないかくらいではないかと思った。

 

起業家の人生

 

ただ、居酒屋チェーンの社長や一台で大企業を築いた名物社長などとも似たような匂いを感じた。

 

生まれた頃から恐ろしく金銭に恵まれなかったり、若くしてあり得ないレベルの借金にまみれてしまうという話は有名な起業家や実業家によく聞くエピソード。

 

また「自分が気づいたことを徹底的にやる」、特に仕事に関しては「時間外の行動を厭わない」、むしろ「生活の全てを仕事に捧げる」タイプが多く見られる。

 

人生=仕事のタイプだ。代表例は松下幸之助さんなどであろうか。

 

憧れは抱くが個人的には「逆立ちしても無理」と感じるものであった。

 

自分の好きなことを

 

こういった「我慢・忍耐・自己犠牲」のタイプに対して、最近「自分の好きなことを徹底的に、嫌いなこと・苦手な克服は決してしない。」というタイプも多く見られる気がする。

 

彼らは「自分の嫌いなことをやらない」ということに誇りを持っておりその面は「苦難は成長のもと」と捉える「起業家社長」タイプとは正反対。

 

ただし、どちらも「自分の貫くべき信念」を強く持っており、「我が道を行く」タイプであることに変わりはない。

 

よく言えば「信念の人」、言葉を選ばなければ「頑固者、エゴイスト」だ。

 

モデルを見つける

生き方・働き方が、これからますます多様化していくように思う。インターネットの発達で今までにはありえないような働き方が可能になった。

 

大切なのは「自分がどう生きたいか」ということに向き合い、それに合うような「モデル」を見つけることではないだろうか。

 

直接会って教えを乞うのでもいいし、ただその「モデル」となる人物が書いた著書を読んだり、その人の考え方が分かる何かに触れるのでもよいと思う。

 

そうすることで「こういう道(生き方・働き方)があるんだ」「自分にもできるんじゃないだろうか」という希望を持つことができる。

 

また何か「すぐには思い通りにいかないようなこと」が出てきた際も、「あの人にもこういうことがあったんだな」という思いがあると、むしろ「(問題に直面したことに対して)これでいいんだ」と前向きにとらえられるかもしれない。

 

また「あの人ならこう解決するだろう」「こう対処するに違いない」と思えば、自分の行動に自信を持つことができたり、トラブルを多面的にとらえたうえでの対処法を見出すことができるかもしれない。

 

どんな職業でもいい。ただ「自分の選んだ道」を行きたい。自分の強みを活かせる生き方、働き方、自分のニーズ・叶えたいもの・信念のようなものにそった働き方をしたい。

 

そんなことを思わせてくれる一冊だった。