どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【感想・あらすじ】「チュベローズで待ってる」【加藤シゲアキさん、才能爆発!】(AGE32)

NEWSの加藤シゲアキさんが書かれた最新刊「チュベローズで待ってる」を上下二巻とも読みましたので感想をば。

 

この記事では主に二巻目(下巻)の方(AGE32)の感想を書いていきます。

 

一巻目(AGE22)の方の感想はこちら。↓↓

kennkoudokusyo.hatenablog.com

 

さてさて。

 

怒涛の物語、ラストスパート

一巻目の方の感想でもとにかく「どえらい。。。どえらい展開の話や。。。」ということを書いていきましたが、その物語もこの二巻目で終わりを迎えてしまいます。

 

多分、加藤シゲアキさんが書かれた本という話題性と、あと普通に話がめちゃくちゃ面白いので映画化かドラマ化かはされるとは思うのですが、一旦物語が終わるというのはやはり少し寂しい。とりあえず映像化、はよ。。

 

二巻目(AGE32)のあらすじって。。

二巻目のあらすじってことは一巻目の結末にも触れないといけない感じですよね。。。

 

と言っても一巻目すでに読んだ人はもう「二巻目も読も」って思ってるに違いない(確信)ので、この二巻目のあらすじって果たして誰得。。?と思わなくもないのですが、一応書いていこうと思います。

 

「一巻目も別に読んでないしな」という人は一応、前回の記事に一巻目のあらすじを書いたのでそちらを参考にしたりしなかったりして下さい。(どっち)

 

チュベローズで待ってる(AGE32)のあらすじ・内容

 

高すぎる代償と引き換えに手にいれた内定。

 

一年の就職浪人と慣れないホストクラブでのアルバイトを経た主人公・光太は、就活一年目で希望していた会社「DDL」の親会社「AIDA」へと就職する。

 

そして10年の月日が流れ。

 

光太はゲーム会社「AIDA」で、業界内でも異例の活躍を見せる「若手ホープ」として、多くの新入社員のあこがれの的となっていた。

 

そして「AIDA」から「DDL」への出向。理由は自身の出世作・「ゴーストタウン」の新たな企画を進めるためだ。

 

10年前の就職浪人時代に求めていた、あるいはそれ以上のキャリア・待遇を手に入れた光太。順調に見える光太の生活。しかし光太には、目をそらし続けてきた「過去の謎」が残っていた。

 

そんなある日、ホストクラブの元同期「亜夢」から、就職浪人時代に勤めていたホストクラブ「チュベローズ」のオーナー「水谷」が死んだことを知る。

 

オーナー水谷の葬儀をきっかけに、光太をホストクラブに誘った一流ホスト「雫」やその彼女「ミサキ」などとの再会を果たす光太。そして光太はその葬儀である青年「ユースケ」との出会いを果たす。

 

本来ホストクラブにいるはずのない「ユースケ」との出会いをきっかけに、抱えていた「過去の謎」と向き合うことを迫られる光太。

 

そして時期を同じくして、順調に進んでいた光太の仕事にも悪雲が垂れ込め始める。

 

蓋をしてきた過去、それに呼応するように降りかかる数々の謎・策略。

 

すべての事実の真相には何が待っているのか、そしてそれを裏で引いていた黒幕とは。

 

チュベローズで待ってるAGE32あらすじをネタバレない感じで。

とまぁ、可能な限りネタバレしない感じであらすじを書いてみました(笑)

 

しかし、あれですね。めっちゃネタバレしたくなる。もうぜひぜひ読んでみてください!!とにかく面白いので!!読んでいない人に話せること、これ以上ありません!(笑)

 

とまぁ、これまで加藤シゲアキさんの本は一冊も読んでないし、WOWOWかな?とかでやってたドラマもまるで見ていない私なんですが、この作品にはすっかりファンになってしまいました。他の作品もおもろいのかなぁ。。。ちょっと読んでみたい気もする。

 

では今回の「チュベローズで待ってるAGE32」の読後の感想を(まぁ大体は「すげぇ面白い!!」くらいしか言うことないんですが(笑))、書いていこうかなと思います。

 

伏線のオンパレード

一巻目の感想を読んだ時にも書いたのですが「なんか東野圭吾さんの本みたいやな」ということ。

 

それくらい物語が理論的に組み立てられています。伏線のオンパレード!

 

「こいつ、こういうことか!」とか「うわぁ~~~まじでこれがこうなるんかい!」とか、とにかく最終巻ということもありネタバラシのオンパレード。

 

いやぁ。。。ミステリーというかサスペンスというか「謎が多い」系の本の醍醐味ですね。

 

個人的には一巻のラストに衝撃の謎が残されていったり、また二巻目の「ゲーム会社・近未来設定」というのに興味を惹かれたりで、やっぱり二巻目の方が面白く読めました。そりゃあんだけ謎が残されてたら、一気読みしちゃうよね。。。

 

2025年という近未来設定

そう、近未来設定!!2025年て!!

 

帯でなんとなく目に入っちゃってたので先にしってしまっていましたが、2巻目を読み始めて「なぜ近未来設定」にしているのかがよく分かりました。光太が勤めるゲーム会社という設定と近未来設定で「現代の技術をさらに推し進めたもの」を題材として扱っています。VRなんかはやっぱり「近未来がもうそこまで来てる!!」的なことを感じさせやすい技術なのでしょうか。

 

そういう技術が出る度に、「くるで!ドラえもんとか星新一の世界くるで!!」みたいな願望が高まるのでしょうか、最近そういった「VR関連」の近未来系フィクションを多く見かけるような気がします。いやぁ、VRとか自動運転とか、本当に近未来っぽいですよね。。あとはグーグルホームみたいなやつとか。

 

最近で言うと山田悠介さんの最新刊「僕はロボットごしの君に恋をする」なんかも同系統ですね。

 

kennkoudokusyo.hatenablog.com

 

近未来舞台のスリリングな展開系のやつ。個人的には今回の「チュベローズで待ってる」の方が、より人間関係に焦点を当てられていて大人向けだったなぁと。

 

 

 

ラストがこれまたよい!!

で、一気に結末の話なんですが(もちろんネタバレはしません!)、これまたすごく良かったんですよね。。。

 

謎が明かされる部分、すべての黒幕が明らかになる部分では普通に「そこかーーーー!」ってなったし、その後のエピローグ、ではないですけど、物語の締めの部分もめちゃくちゃよかった。。。もうなんというか、本当に最高でした。。。

 

とにかく二巻とも、最後の最後まで楽しめる内容になって、本当に申し分ない作品でした。

 

謎よし、設定よし、展開よし、結末よし!ってな感じですね。あとこうやって考えてみるとやっぱり東野圭吾さんっぽい(笑)

 

ちょっと「ご都合主義」というか、結末の部分の「ぶっとび感」「そんなのありかよ」感もやや東野圭吾さんっぽいですね。東野圭吾さんの作品で「おいおいそれありかよ。。」的なこと思ったことある人はこの作品でも思うかも。でも基本的には「東野圭吾さんの作品→おもろい!」となる人は大体チュベローズも好きだと思いますね(笑)

 

「チュベローズで待ってる」全体を通しての感想

ぜひぜひ読んで下され。

 

同じ「タレントさん×小説」というくくりでいうと、一巻の感想でも書きましたがお笑い芸人の又吉さんの作品が浮かびます。

 

僕は「火花」の方を読みましたが、あれはかなり「文学作品」よりかと。簡単に言うと、「ちょっとムズイ!」。

 

しかし「チュベローズで待ってる」は完全にエンタメより。普段小説を読まない人でもはまれば一気読み間違いなしではないでしょうか。

 

テイストとしては性描写・人間模様的に大人な部分も多いのですが、読みやすさとしては十分中高生が読んでも楽しめる内容ではないかと。

 

「チュベローズで待ってる」下巻(AGE32)の感想は以上です!