どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【書評】飲茶の最強のニーチェ【感情を伴ってニーチェが学べる入門書】

実際に読んでみたので、感想を。

 

ニーチェってすごい

 

「ニーチェ」という哲学者の名前を耳にしたことのない人は少ないと思います。特に日本では数年前よりブームが起こり、書店にもニーチェ関連の本がずらり。

 

「神は死んだ」などインパクトのあるキャッチーな言葉を残しているニーチェですが、しかしその実態となる哲学を理解している人は、それに反比例して少ないのでは??

 

この本はそんな、「みんな知っているけれどみんな知らない」という矛盾を抱えたニーチェの哲学を実感しながら理解することができます。

 

中身が濃い

 

読んでみた感想としては「中身が濃い」というもの。

 

著者の飲茶さんは哲学に精通された方ですが、ニーチェのエピソードを「身近なもの」として読者に実感させるのが非常にうまい方でした。

 

本の構成としては、飲茶さんと聞き役の女性との会話でニーチェの哲学について知ることができる、というもの。

 

最近は「マンガでわかる」系の哲学関連の本も多いですが、この本はマンガでないことには注意。

 

会話調で幾分読みやすいことは確かですが、マンガ形式よりは文章としてのボリュームがあります。

 

ニーチェが「流行る」理由

 

この本では「ニーチェがどんな哲学的考えの持った人物なのか」がよくわかる本になっていますが、それは同時に「なぜこんなにも現代で『もてはやされていのか』ということ」の説明にもなっていました。

 

ニーチェはどちらかというと(特に代表作の「ツァラトゥストラかく語りきに関して)、「生きている間は評価されなかった」哲学者です。

 

しかし死後の再評価、そして現代の日本でも広く受け入れられているのはご存知の通り。

 

その大きな理由というのが、やはり「現代に必要なものとマッチしている」ということではないでしょうか。

 

「神は死んだ」現代で

 

「神が死んだ」というと「科学的な技術が発達し、『神さまなんていないよ』(宗教的な超常現象など存在しない)ということが明らかになった」という意味っぽいですが、本質的には少し違うようです。(もちろん、詳しい解釈は専門家の方々によって分れると思うので、ここではざっくりと。)

 

「キリスト教が主張する『絶対的な正しさ』が崩れた」ということですね。

 

「キリスト教を信じていれば大丈夫!必ず救われます。これが正しい道ですよ。」というのが崩れてしまった、ということですね。

 

これが当時のニーチェが生きる時代の背景としてあり、それを踏まえ、ニーチェは「新しい時代の価値観」を作ろうとしました。

 

これが現代の日本でも非常に状況が似ているんですよね。

 

生き方の多様化

 

生き方の多様化。「何が正しいことなのか」が人によって異なる時代。

 

働き方も「大手企業の正社員なら安泰」「一生同じ会社に勤め上げる」という価値観が崩れつつあります。

 

「ならば公務員で安泰!」という考え方も今後の国際状況によっては変わってくるのではないでしょうか。特に、「日本」という国は、「国に対する信頼の厚い国」とはいい難い気がします。年金の問題や、政治家に対するイメージも一般的にあまり良くないですよね。

 

こういった「働き方」が多様化、また「趣味趣向」も多様化、性に根ざした生き方もかなり多様化してきたように思います。(「男だから」「女だから」という考え方が古い考え方として避けられるようになった)

 

日本人はほとんどが「無宗教」といいつつ、仏教的・キリスト教的・神道的な考え方が雑多に混ざりあっています。

 

このように「唯一絶対の正しい生き方」が揺らぐ時代。

 

これが当時ニーチェの生きてきた時代(キリスト教という唯一絶対の正しさが崩れつつある時代)と似たような状況であると言え、そのための「ニーチェの唱えた価値観」が現代に生きる日本人の参考になる、となるようです。

 

ニーチェの「デカルト的」発想

 

みなさんはデカルト、という哲学者をご存知でしょうか。

 

こちらも「我思う、ゆえに我あり」とインパクトのある言葉だけが一人歩きする系の、「みんな知ってるけど(名前や言葉は)、みんな知らない(それがどういう意味なのか)」タイプの哲学者ですね笑

 

この本では、「ニーチェ」の「デカルト的な部分」についても触れているのですが、この部分も非常に分かりやすかったです。

 

デカルトは「目の前のすべてのことを疑う」という無茶苦茶な思考実験で「本当に存在するものを何か?そう、考える俺だ!」という結論に至るわけですが、

 

ニーチェも同じような手法で「絶対的な正しさってなんじゃい」ということを確かめようとします。

 

今の生き方で言うならば……

 

「大手企業が安泰って言うけど、本当にこの会社でいいのかな?」

「会社に隠れて副業??いやいやFXとかビットコインとか結局怪しいだけだろ」

「結婚しなくちゃ負け組……でも子供育ててるのは大変そうだし」

 

などなど。

 

「世間体の良い生き方・悪い生き方」という価値観が根強く残りつつも「自由に、自分にあった人生を生きるのが正しい」みたいな価値観も混ざりあってきて、もうめちゃくちゃ。

 

そんなこんなで「理想を追い求めるのはやめよう」みたいな悟り世代が登場。まさに「神は死んだ=絶対的な正しさのない時代」になっています。

 

そんななかで、ニーチェが最終的に出した結論とは。

 

本書ではそういった「混沌とした現代に生きる人が『ニーチェ哲学』的に考えるとどの選択肢をえらべるのか?」と言うことについてかなり役立ちます。

 

特に「将来の生き方」「今の人生」に迷っている人にオススメしたい内容です。

 

実は秀逸なのは「ニーチェの哲学じゃない!?」

 

さてここまで読んでくると「この本ってニーチェの哲学がわかる本で便利っぽい〜〜」と思う方が多いかと思います。つまり「ニーチェの哲学がわかりやすく学べる本」ということですね。

 

その点はもちろんあるし、「ニーチェの哲学の入門書」としてオススメの本、ではあるのですが。

 

この本で僕が度肝を抜かれたのは、著者自身の体験を語った部分。

 

後半の「結局、ニーチェの哲学学んだところで人生に役に立つことってあるわけ??」みたいなテーマ、「実際にどうやって役立てるのか」の部分です。

 

この部分で著者は「自分がニーチェの哲学に出会って救われた」という話をするのですが、これがかなり濃い話でした。

 

正直、著者である「飲茶」さんに関してはほとんど情報がなく、またこの本でもメインはニーチェなので特に意識することはなかったですが、この後半部分を読んで、著者・飲茶さんに対する関心が一気に高まりました。

 

それと同時に「ニーチェの哲学」という可能性についても。

 

「ニーチェ」は「絶対的な正しさのなくなった」時代において多くの人が精神的に路頭に迷うだろうことを予想していました。

 

そのうえで「自分が『新しい生き方』を提示するんだ」「これは『聖書』にとって代わるくらいのものなんだ」とかなり強気の思想を持っています。

 

その思想は残念ながら生きている間は報われることはなかったわけですが。。。

 

しかしこの本に書いてある「飲茶さんと哲学の出会い」、それから彼が疑似体験した「大いなる正午」(ニーチェの哲学用語で『価値観がすべてとれ、世界をありのままに体験できている状態のこと』)。

 

前半で「ニーチェって面白いんやなぁ。。」と思ったのちに、壮絶な「著者の体験」とそれを救った「ニーチェの哲学」の話を聞き、それらが知識として頭に入るというよりは感情の印象として心に残った気がしました。

 

こういうのを「生きた知識」っていうのかなぁ。。。と思ったり。

 

「読書」の可能性を基本的には信じているのですが、今回のような「感情を伴った知識体験」をすると、他の哲学や難解な概念の入門書もこんな感じだったらいいのに!!と高望みをしてしまいました(笑)

 

「飲茶の最強のニーチェ」全体を通しての感想

この本の「最強の」シリーズはもともと飲茶さんとは別の方がメインで担当されているシリーズだそうですが、この本は完全に「飲茶」さんの本でした。

 

「ニーチェ」というとっつきやすそうで結局なんだかよく分からないとなりがちな哲学を、自身の体験を交えて「現代人にとっての等身大の哲学」として解説しているあたりは秀逸。

 

「ニーチェ」に関して少しでも興味のある方は、読んで損のない内容かと思います。