TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

【読みました】お金に好かれる人が大切にしていること

実際に読んで見たので感想を。

  

No. 1ホストによるビジネス書

 

この本の著者は「信長」さんというホストの方です。実はこの本が7冊目などですでに多くのビジネス書を出されている方らしい。最近は一人で100冊以上のビジネス書を書かれら方など、一人で大量のビジネス書を執筆される方がちらほらいらっしゃいますね。新しい人に書いてもらうよりも、何度も出されて結果を出された方の方が売り上げが見込めるのでしょうか。

 

さてではこの本の内容について。

 

お金と働き方

 

タイトルにもある通り「お金に好かれる人の特徴とは?」というのがテーマになっています。

 

ホスト、というご職業柄ということもあるのでしょうが「対人関係」に関する話題が大半を占めます。「お金は人が運んでくるもの」であり「人を喜ばせた人がお金を得る」というのが信長さんの基本的なスタンス。

 

自己啓発本らしい内容

 

実際に語られることには、「お、一昔前の自己啓発本で見たことがあるぞ??」という内容も多々。

 

「お金持ちになるにはお金持ちと付き合う」

「目標は具体的に定める」

「お金に対して「汚い」などというイメージを持たない。」(お金に対してしてポジティブなイメージを持つ)

 

などなど。

 

読書の重要性

 

また「自分に投資すること」も重要な事柄としてあげ、その投資法としては、職種や境遇によって自分に合うものを見極める必要があるとしていますが、中でも「読書」をお勧めの自己投資としてあげています。

 

またご自身もかなり多くの本を読まれてきたそうで、信長さんの成功哲学にはこれまでベストセラーとして書店に並べてきた多くのビジネス書・自己啓発書が元になっているのだろうなぁということがよくわかります。

 

この本独自の視点は?

 

自己啓発本を読み慣れている人にとっては目新しい内容は少ないかも知れません。

 

ただし語られる人が違えば、その内容の聞こえ方・響き方も違うと思います。

 

これは実生活でも「あの人に言われるとイラッと来ることでも、この人に言われたら素直に耳を貸せる」ということがあるのと似ていますね。

 

もしこの本を数ページ読んで「いいかも」と思われた方は、最後まで読んでみる価値があるかも知れません。

 

僕はとりあえずは一通り目を通して見たのですが、分量や書き方の点で非常に「読みやすい本だ」と感じました。

 

名著と呼ばれるビジネス書、自己啓発本は内容が体系的で、そのために「分厚い」「読み通すのが一苦労」というものも少なくありません。

 

また時代背景や国が違うと、ジョークのような語り調、決して身近とは言えない体験などで、読み進める気持ちが削がれることもあります。

 

こういった「同時代の」人によってしっかりと咀嚼された「成功哲学」という方が人によって学びやすいということもあるかと思うので、そういった意味では普段あまり本を読まない人、名著と呼ばれる自己啓発書(人を動かす、7つの習慣辺りでしょうか)で読み通せなかった経験のある人にとってはおすすめの本と言えます。