TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

「神さまとのおしゃべり」を650円で楽しむ!オーディオブックで時間とお金の一石二鳥!

悪魔とのおしゃべりを読みしばらく経ちました。。。

 

「悪魔とのおしゃべり」を読んで思ったこと。。。

 

何なんだこれは。。。!という衝撃

 

そして

 

神様とのおしゃべりってどんなやったっけ。。??

 

ということ。

 

神様とのおしゃべりは数年前に読んだけれど、内容はすでにおぼろげ。。。

 

というわけでついに読み返すことを決意。

 

※ただし他にも読みたい本が山のようにある

が、問題が。。。

 

それは「あかん!読みたい本が行列を作っておいらを待ってる!!

 

ということ。

 

ひとくちにビジネス書・自己啓発本・スピリチュアル本と言っても書店には次から次へと新作が運ばれてくる。

 

そしてどれも魅力的な表紙で「おいらだ!おいらを読んどくれ!!」「旦那!あちきでですよ。」「オマエ、ヨメ。。。」と僕に迫ってくる!

 

単純に二つの問題!!

 

時間がほしい!!

 

お金が欲しい!!!!

 

 

ありあまるほどの時間とお金があれば書店ごと購入して、そこに住むのに!!というかもう自分で書店を立てるのに!!

 

現状、書店には住んでおりません。

 

でも「書店に住む」より楽な方法があったんで(笑)、書き残しておこうと思いキーボードを叩いている次第。

 

そうだ、オーディオブックがあるじゃないか。

 

オーディオブック。

 

それは通勤時間やちょっとした待ち時間、「本を読みたいけれどここで読むわけにはいかないわ~~~」という3度の飯より文庫本な私の前に現れた、ある一人のわがままな王女である。。。!

 

本が読めないなら、耳からぶち込めばいいじゃな~~~い

 

そういうわけで僕はそれを手にした。

 

「神様とのおしゃべり」のオーディオブック。

 

基本、「本は読むものっスから(キリッ)」という割と重度の活字中毒者だったので知らなかったんですが、最近のオーディオブックって使い勝手いいっすね(笑)

 

あと安い。ここ重要なんで、もう一回言わせていただくっす。

 

安い!!

 

神様とのおしゃべりが650円で買えました。

神様とのおしゃべりは1500円(+税)。

 

で今回僕が払ったお金は??

 

650円~~~!!!

 

見たか!資本主義!!!(?)

 

これがお金を節約する喜びだ!!(??)

 

さてさて。

 

今回使ったのはFeBeというオーディオブックサイトです。

 

FeBe!(フィービー) 耳で読む本、オーディオブック 

 

今のところ日本ではAmazonのオーディオブック読み放題サービス「Audible」かこの「FeBe」か、というところみたいですね。

 

西にAudibleあれば、東にFeBeあり。

 

そんなところでしょうか?(方角にとくに意味はありません。)

 

でなぜAudibleを選ばのかというと、

 

「神様とのおしゃべり」のオーディオブックが、「FeBe」しかなかったから(笑)

 

単純消去法~~

 

で、気になるお値段の部分なんですが、FeBeには「プレミアム会員」というのがあります。

 

月額会員制度なんですが、初めての登録の場合「初月650円」で登録できます。

 

(公式ホームページだと「初月980円!」と書かれていますが、これは実際に無料登録をしてみると、「プレミアム会員650円なるっス。いかがっすか!」みたいな感じでセール情報が出てきます。)

 

で、「プレミアム会員」の何がいいって月1で「一冊無料」チケットが配られるんですよ(笑)

 

だから

 

プレミアム会員登録 650円

神様とのおしゃべり 1500円0円(プライスレス)

 

というわけで「神様とのおしゃべり」、650円で購入しました!!

 

最高だぜ。。。

 ↑9時間!?とその内容量に結構ビビりましたが、速さが自分で調節できるので、僕は3倍くらいで聴くことにしました(笑)

 

実際に音声を聞いてみて

オーディオブックという経験があまりなかったのですが、FeBeのアプリは非常に使いやすかったので一安心。

 

で実際の「神様とのおしゃべり」の音声なんですが。。。

 

オーディオブックとの相性がめちゃいいです(笑)

 

これはオーディオブックを購入する前は全く予想だにしていなかったんですが、神様とのおしゃべりって基本的には「主人公」と「神様」との会話なんで、「音声」だと普通に「二人の会話として楽しめる」んです。ここは本と違うところだなぁと。

 

主人公と神様の声の人はもちろん違う人!

(ここが意外に重要!)

一人二役とか朗読っぽい感じではないのでご安心を(笑)

 

これは普通のビジネス書とはちょっと違う、「会話がメイン」の「神様とのおしゃべり」ならではの相性の良さ。小説なんかも、オーディオブックで聴いたらまた別の楽しみがあるのかな?と思ったり。

 

後はオーディオブックのみの特典音声がいろいろとついてるらしい。。。とこれはまだ聞いていないので、聞くのが楽しみ( *´艸`)

 

というわけで特典含め全部聞き込んだらまた神様とのおしゃべりの書評を書こうと思います!