TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

【プロゲート】HTML&CSS、60分で学べる内容。

プロゲートを使ってプログラミングを独学で勉強しています。

 

今日はサイト作成に重要な「HTML&CSS」が1時間でどれくらい勉強できるか?

 

について書いていきます。

 

早速時間を計ってやってみる。

 

僕は毎月980円をプロゲート様に貢いでいる月額会員です。

 

なので制限なし、リミッター解除版。つまり、全レッスンが勉強できる状態。

 

無料会員だと、おそらく1時間もかからずにHTML部分のレッスンは終了してしまいます。

 

そこのところはお気を付けを。

 

では有料会員版のコースを見ていきます。

 

HTML&CSSのコースは結構充実しています。

 

学習コース

 

HTML & CSS 初級・中級・上級

 

道場コース

 

HTML & CSS 初級・中級・上級

 

実践コース

 

HTML & CSS Ⅰ・Ⅱ

 

です。

 

目安の学習時間をすべて足すと24時間50分

 

目安の時間は実際にやってみると「半分~8割」くらいの時間で余裕をもってクリアできるようになっています。

 

(もちろん、タイミングのスピードなどで違いは出るかと思いますが。。)

 

なので、実際は速い人で12時間30分、そこまで早くない人でも20時間もあればクリアできる内容かな?と思います。

 

が。。。

 

一度ですべての内容が身につくわけではなく。。。

 

僕も何度も学習コースを繰り返しています。

 

というわけで

 

「えっ、20時間で全クリできんの??楽勝じゃんww」

 

と思われる方、自分のプログラミングを扱う技術の基礎を身に着けるには

 

「全クリしているかどうかはあまり重要じゃない」

 

とお伝えしておきたく思います(;´∀`)

 

(一回やっただけで飲み込めちゃうスーパーサイヤ人系の人はうらやましい限り。。。

 

感覚的には九九みたいなもので、何度も繰り返しやるから身につく、というイメージです。)

 

あとは「ミニチュートリアル」と題して、実際に開発環境を用意する手順であったり、検証ツールの使い方なども学習できるようになっています。

 

まさに至れり尽くせり。

 

さてさて。

 

本日は「60分チャレンジ」と題しまして、1時間でどれくらいの内容が勉強できるかな??

 

ということに挑戦してみました。

 

プロゲート60分チャレンジ 結果報告

 

早速ですが結果を報告します(笑)

 

学習コースの初級編がちょうど1時間ほどでした。

(実際は数分オーバーしちゃったんですが、大目に見てください。。。)

 

学習できる内容は以下の通り。

 

HTMLがどんなものか?をまず学びます。

「見出し・段落・リンク・画像・リスト」などの作成。

 

お次はCSSがどんなものか?

「文字色・文字サイズ・文字の種類・高さ・幅・背景色・クラス名」

などなど。

 

続いて、実際のウェブページを作成していきます。

全体像を把握し。。。

→ヘッダー→フッター→中身→最後はお問い合わせフォーム

 

これで初級編終わり。

 

HTMLってなんぞ??

CSSってなに???

 

という人が一から「一ページ分のウェブページ」

 

を作れる状態になる。

 

ここまでは「HTML初級編」でできることです。

 

全体のレッスンは初級編だけで23あります。

 

目安学習時間は3時間50分

 

始めて取り組んだときは、「うーんうーん」とうなりながらの手探り作業でしたが、慣れると1時間(と数分)でサクサクこなせるようになりました。(嬉しい)

 

挫折せずにやりきるコツとしては、「とにかく分からなくても進む」です。

 

レッスン自体は指示されている内容が一つ一つ丁寧で、正直迷いようがありません(笑)

 

ただ、如何せん「HTMLって??CSSって??」というところから始めると、やはり「ちょっと何言っているかわかんない」とサンドウィッチマン発言をしがちです。

 

しかし分からなければ分からないままで、とりあえず進んでみてください

 

僕も圧倒的「???」状態から、二回目三回目とやっていくうちにどんどん理解度が深まっていきました。

 

自転車を乗れるようになった時。

九九が日常で活かせるようになった時。

 

そんな瞬間を思い出して下さい。

 

はじめは「できる人」の気持ちが全く理解できなかったと思います。

 

自分だけは才能がない、こんな苦しい失敗を続けてもできっこない。。。

 

なんかよくわからん草がボーボー生えた空き地で傷だらけになったあの日々。

 

手を離さないでと何度も父親に懇願した(それでも手を放す父)あの時。

 

進研ゼミの付録だかなんだかで風呂に持ち込んだ九九表。

 

「ちょっと何言っているかよく分かんない」から「できる」えの変化はいつだって「気づいたらできるようになっていた」というものです。

 

プログラミングのの独学なんて、はっきり言って地味だし、できなかったら一人でその切なさを抱えるしかない、本当に気持ちの折れる作業です。

 

でも分かる部分が増えてきたら嬉しいし、あと単純にプロゲートはレベルが上がっていくのが快感(笑)

 

いつかきっと役に立つ瞬間が来る!!

 

と信じて、今日も頑張りたい私です。

 

もしまだ挑戦を迷っている人がいたら、ぜひ挑戦することを恐れないで欲しいなぁと思います。

 

最終的になんの話??みたいなことになってしまいましたが(笑)、今日はこんな感じです。