どんぐり宣言!!

本の書評などなどなど。。。

【TOEIC独学】おすすめの参考書まとめ【リスニング~長文まで】【あと17日】

本番まであと17日。

 

使った参考書・アプリなどをそろそろ書き出してみようと思ったので、それを本日の内容とします。

 

このブログに載せる目的もあり、そこそこいろんなものに手を出したので。。。

 

  • PARTごとにどの参考書・アプリがおすすめか
  • 安く済ませるなら?コスパがいいのは?
  • スコア別にはどれが合うか?

 

などはまたこれから本番までに徐々に別記事で掘り下げていこうと思います。

 

では一覧を。

TOEICおすすめ参考書

元々参考書を選ぶのが好きで、使用する参考書は慎重に吟味を重ねました。

 

厳選した割に量がそこそこあるんですけどね。。。

TOEICおすすめ参考書・メインの4冊(+1冊)

TOEIC公式問題集【スコア測定用】


公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

 

TOEICの公式問題集です。公式でスコアが測定できるのがいいですよね。

 

本格的に勉強し始める前にスコアをこれで測り、短期間でどれくらいスコアが上がるか確かめたかったため購入しました。

 

模試二回分ですが、意外といいお値段します。

TOEIC用おすすめ参考書【TOEIC長文対策用(音読用)】


「音読」で攻略TOEIC®L&Rテストでる文80

 

公式問題集を除いて、はじめに取り組んだTOEIC対策本です。

 

使いやすい作りになっており、重宝しました。

 

全体の分量がそこまで多くなかったため、「これなら挫折せずに徹底的に使えそうだな」と感じたのも購入ポイントの一つ。

 

この1冊でTOEIC対策が完璧、というわけにはいきませんがTOEIC勉強のとっかかりとして丁度いいです。

 

TOEIC用おすすめ参考書【TOEICリスニング(PART1・2)対策用】


イングリッシュ・ドクターのTOEIC®L&Rテスト最強の根本対策 PART1&2

 

リスニング対策として購入したのがこちらの本です。

 

書店で熟考したした結果、他の参考書よりも取り組みやすい分量・難度であることを確認し購入しました。

 

TOEICのPART1・2の対策にピッタリです。

 

TOEICのリスニング問題に相当する内容の問題に対して、一つ一つの選択肢をディクテーション(書き取り)していくという内容の問題集です。

 

聴き間違えやすい箇所を比較音源として載せているなど、細かいところまで徹底的にチェックすることができます。

 

問題数は40題と少なめですが、この本で勧められているリスニング対策の勉強法(細かい部分まで違いをききとろうとすること・まずは意味を予測せず流れてくる音をそのまま書き取ること)は他の問題集を解く上でも応用が利く内容でした。

 

スコア400程度でも十分に理解できる内容ですので、非常におすすめです。

TOEIC用おすすめ参考書【TOEIC語彙力・熟語対策】


TOEIC(R)テストに必要な文法・単語・熟語が同時に身につく本

 

先ほど紹介した音読用の本の帯に書かれていた関連本(同著者)です。

 

一冊目の音読本が使いやすかったため購入してみました。

 

文法・単語などが例文280文にぎっしり詰め込まれています。

 

  1. 中高で学ぶような基礎文法を復習できる本冊
  2. TOEIC頻出文法・語彙が凝縮された280例文が載っている別冊

 

というつくりになっています。

 

例文は1つ1つの文の構成を理解することを怠けなければ、リーディングパートのスコア底上げの土台になってくれます。

 

ただ、280の例文量が思った以上にヘビーです。風呂に入っている間に例文を見返したり、移動時間中に音源を聴くようにしたりと工夫しました。

 

TOEICで狙われるような文法・語彙が例文に詰め込まれているので学習効率は良いとは思うのですが、最初に取り組む参考書としては少し難度が高い気がします。

 

(TOIECの勉強をあまり進めていない段階ですと、知らない文法・単語だらけでちょっと気持ち的にしんどいかもしれません。)

 

TOEIC用おすすめ参考書【長文・PART7対策】


TOEIC(R) L&R テスト パート7攻略―――中村澄子のリーディング新・解答のテクニック

 

正直に言うとこの参考書はあまり活用しませんでした。。。(一応最後まではやりましたが。)

 

長文対策に不安が出た時に買った一冊です。

 

ただその後、音読・文法問題で触れる英文が増えていくと長文の正答率はあっさりあがりました。

 

もし長文に不安を抱えている人がいましたら、慌てず焦らず基礎の文法・英単語から一つ一つ積み上げていくことをおすすめします。

 

文法・英単語は、

 

ただ文法書を読む・英単語帳をひたすら繰り返す

 

というよりも、ある程度知識を入れたのち

 

TOEICの問題形式の英文に触れながら確認する

 

というやり方を強くおすすめします。

 

では今日はこのあたりで。