TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

最近のことと、これからのこと2

どうでもいい話のその2です。

 

では書いていきます。

 

今後書いていきたいこと

まず最初に書きたいのはTOEICの結果清算です。

 

主に2つの軸で書いていきます。

 

  1. 結果報告(スコア公開)
  2. 自分がメインで使っていた「スタディサプリ」の感想

 

まずは1の結果報告。まだ正式な認定証は郵送されていないのですが、ネットで自分のスコアを確認することができました。

 

というわけで何点だったのかを発表したいと思います。

 

2月末で400ちょいのスコアを記録しました。

 

そこから3月、4月、5月と三か月の勉強でどこまでスコアを伸ばせたのか。

 

そしてその間、どのような勉強をどれくらいしたのか。

 

これを1つの記事にしようと思います。

 

これからTOEICを受けようか受けまいか迷っている人の参考になるような記事にしたいところ。

 

 

 

それから、2のスタディサプリの感想報告。

 

スタディサプリはそこそこやりこみました。

(試験当日日までの学習日数と勉強時間もスクショしたので、公開します。)

 

というわけで細かい仕様・機能に対して感想をまとめていこうと思います。

 

決して安くない月額料を払ったので、その元はTOEICの点数のみならずこのブログのネタにすることで消化したい。。。

 

というすさまじいドケチ精神。

 

以上2点をこのブログに書くことで、まずは今回のTOEIC受験を自分の中で終わらせたいと思います。

 

TOEIC以後の、このブログについて

今後のメインはプログラミングです。

 

  1. プロゲートでの勉強
  2. プロゲート以降の勉強

 

めんどくさいと言わずきっちりと書いていきたいところ。

 

1つはプロゲート(初心者向けのプログラミング学習サービスです)での学習記録。

 

プロゲートを始めようか迷っている人、同じく現在プロゲートを頑張っている人。

 

そんな人の励みになるようなブログ記事になればいいな、と思いつつ、自分の学習意欲を維持させる目的が第一になるかもしれません。。

 

2のプロゲート以降の勉強。

 

僕はプロゲートを始めた時、プログラミングに関して全くのド素人でした。

 

そこからプロゲートをやっていくうちに「プログラミングってこんなものかな??」と思えるようになってきたものの、

 

そこから

 

  1. エンジニアとして仕事をゲットする。
  2. 実際にバリバリ開発ができる。

 

そのようなイメージに中々つながらないことに気が付きました。

 

スクールに通ったことがなく独学でプログラミングを勉強している人は、同じような状況になっている人が少なくないのではないか。。。

 

と思いつつ、

 

プログラミング独習

実際に何かを開発できるようになる(または仕事につながる)まで

 

というところをブログに残そうと考えました。

 

まぁ、こういう趣旨のブログはさして珍しいものでもないと思うので、わざわざ書くのもあれなんですが。。。

 

まとめ

まずは今年の5月20日に受けたTOEICの清算。

 

それからプログラミングの独習記録。

 

今後はそのようにブログを進めていきます。

 

年内、つまりこれから半年はそんな感じです。

 

来年の4月頃から、また少し書評の方にブログの内容を戻そうと考えています。

 

まだ予定ですけど。

 

という感じの、今日は一人ごとでした。