TOEIC&プログラミング独学と書評

TOEICとプログラミング言語を独学しています。実際に読んだおすすめの本の書評なども。

2018年から初心者が仮想通貨に参入するとどうなるか。

タイトルの通りですが、今さら(2018年9月)ながらに仮想通貨に取り組んでみようと考えています。

 

仮想通貨に参入する理由

以前から投資・資産運用に興味を持ってはいましたが、中々これといった行動をとらずにいました。

 

しかしこれではもったいないな、と感じたので、そろそろ具体的に動いていこうと考え、手始めに取り組もうと考えたのが仮想通貨です。

  

なぜ仮想通貨を選んだのか?

数ある投資の中でなぜ仮想通貨を選んだのか、についても書いておきます。

 

  1. ブームが去ったこと
  2. 技術や法制度に関して
  3. 「面白そう」を利用する

 

順番に詳細を書きます。

 

2018年に仮想通貨に取り組む理由1 ブームが去った

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれた年です。

 

仮想通貨の値動きのチャートを見ると、それはそれはものすごい状態だったことが予想できます。

 

国内の円レートによる最高価格は1ビットコインが約235万円。(2017年12月)

 

2017年1月1日の価格は1ビットコインが約11万5000円スタート。

 

1年で20倍近くの値を付けたということで、これはとんでもない盛り上がりです。

 

正直、当時参入していたら正気を保てた自信がありません。。

 

その後、仮想通貨の値段は急激に下がっていきます。

 

最高値をつけたわずか1週間ほどで1ビットコイン140万円台まで下落。短期間で激しく値動きしています。

 

2018年9月現在は1ビットコインが70万円程度。最高価格の三分の一程度に落ち着きました。(値動きは相変わらず落ち着いてはいませんが。。)

 

現在の仮想通貨の状態に対して「調整相場」「先行き不透明」「バブルは去った」などと表現されています。

 

これが僕が仮想通貨に興味をひかれた理由です。

 

仮想通貨が盛り上がっている2017年中はあまり興味を持てませんでした。

 

値動きが激しいこともそうですし、多くの人が「仮想通貨はこれから儲かる!」みたいなことを言っていると、逆に「いつか崩れるんじゃないか」と感じてしまいます。

 

もちろん、僕はあとからこれを振り返って言ってだけであって、「自分の勘は正しかった!」ということは極力考えたくありません。一素人の予想なんて、なんの役にも立たないでしょうし。。。

 

ただ、投資は基本的に

 

「みんなが買わない時」(=不人気=価格が低い)に購入し、

「みんなが買う時」(=人気=価格が高い)に売る

 

というのが定石のようです。

 

となると、相場が冷え込んでいる今が買い時なのかな、と単純にそう考えました。

 

2018年に仮想通貨に取り組む理由2 技術や法制度に関して

 

ただし仮想通貨に興味を持ったのはそれだけが理由ではありません。

 

理由の2つ目は「技術面」と「法制度」に関してです。

 

技術面としては、

 

  • 信用をテクノロジーによって裏打ちする(しようとする)貨幣

 

という点に興味を惹かれました。

僕もまだまだ勉強不足で、結局何も理解していないという可能性もありますが。。。

 

以下、つたない知識ながら僕が魅力を感じた技術的な側面について、書いてみます。

(現行通貨の概念、仮想通貨及びブロックチェーンについて詳しい方、ご指摘等ありましたらよろしくお願い致します)

 

仮想通貨の価値のありか

 

これまでの通貨の価値は「それを発行する母体(多くの場合は国)」の信用に依存するとされています。

 

そのため「国が信用されない」出来事が「この通貨も信用できない=価値の暴落」という状況につながってしまいます。

 

例えば政治的な不安によってその国の通貨の価値が急激に下がり、大量のお札をもってしても一杯のコーヒーすら買えないというような状況ですね。

 

一方、一般的な仮想通貨は特定の国・団体によって管理・運用されているわけではありません。(一部、特定の団体により管理されている仮想通貨もあるとのこと)

 

仮想通貨の元の名前は「Cryptocurrency」。直訳すると「仮想通貨」ではなく、「暗号通貨」。

 

その技術的な特徴としては、「第三者を通さずに」「公平な取引を可能にする」というもの。

 

その根幹を支えているのが、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術。

 

つまり「ブロックチェーン」という技術に対しての信用が、仮想通貨(=暗号通貨)の価値を保証しているといえます。

 

逆にこの技術が「信用できない」という状況に陥ると、仮想通貨の価値も下がります。

 

例えば、高度な技術を持ったハッカーに取引記録を改ざんされてしまう、それによって通貨が盗み出されてしまう、などが考えられます。

 

以上が、僕が仮想通貨に対して持つ、つたない知識の一部です。。。

 

要するに。。仮想通貨の信用を支える技術が、これから先発展する+必要とされる可能性を持っているのではないか??ということ。

 

今はまだ「投機(金儲け)の対象」との扱いを受けていますが、遠くない将来、インターネットや、スマートフォン、車の自動運転技術などのように、「一般の人の生活に入り込む(欠かせない)存在」になりうるのではないか。

 

その期待を込めて、仮想通貨の投資にチャレンジしてみたいと考えました。

 

また日本は世界に先駆けて、「仮想通貨の取引を安全に行える環境を整えよう」とする動きが金融庁を中心にあります。(2017年4月の改正資金決済法等の施行のことです)

 

取引自体の技術の根幹は「国の信用状態に依存しない」ということでありつつも、取引所の安全を「国の法整備に期待する」というのはいささか矛盾した考えではないだろうか。。と思いつつも、国家の後押しがあるというのは、やはり方向的に「実用化・一般への普及」へと進んでいくのではなかろうか。。と、そう考えました。

 

 

 

 

文章が少し長くなったので、一旦ここで記事に区切りをつけようと思います。かなり中途半端ではありますが。。。

 

近いうちに「2018年に仮想通貨に参加する理由の3つ目」から、書き始めようと思います。